【マリオットホテル】フェアフィールド・バイ・マリオット 和歌山すさみ 未開業ホテルにちょっと立ち寄り

はじめに

海外旅行は弾丸なので宿泊すらしないわたくしのブログです。今回はオープン前のマリオット系ホテルをアップさせていただきます。

2021年6月9日オープン予定のホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット 和歌山すさみ」の模様をアップさせていただきます。フェアフィールド系では珍しく、温泉施設が入っているユニークなホテルです。

2021年5月6日現在、予約受付が停止されています。オープン延期が予想されます。2021年6月1日現在、予約受付が再開されています。

スポンサーリンク


駅からホテルへ

今回はフェアフィールド・バイ・マリオット 和歌山すさみを紹介させていただきます。2021年5月現在オープン前で、2021年6月9日オープン予定です。マリオット系ホテルの中では宿泊特化型でカジュアルなフェアフィールド系列のホテルになり、リーズナブルなセレクトのカテゴリーになります。マリオットグループ内のカテゴリーは2021年5月現在で3です(8段階で上から6番目)。

こちらのホテルだけでなく、積水ハウスとマリオットが共同で、全国の道の駅に隣接するように多数のホテルを開業しています。積水ハウスの「Trip base style」というキャンペーンの一環です。

その名の通り、和歌山県のホテルで、すさみ町にあります。国道42号線沿いの道の駅「すさみ」の向かって右手になります。ロケーションは、南紀勝浦や熊野三山の観光拠点として利用するのが妥当でしょう。

最寄り駅はJR西日本の紀勢本線(きのくに線)江住駅になります。江住駅は普通列車しか停車しないため、新大阪から特急くろしおで周参見駅まで乗って、普通列車に乗り換えて2駅になります。

停車する電車の本数は2時間に1本くらい。かなり少ないので電車でのアクセスは注意しましょう。

駅から出てすぐ右方向を向くと上の写真の場所です(一応、駅前広場らしきスペースがあります)。50mほど進めば突き当りが国道42号線になります。国道を右手に曲がって進んでいきます。500mくらい歩くので10分くらいでしょうか。かなりの昇り坂になりますが、歩けない距離ではないです。

電車で行く場合、ホテルへのアクセスはなんとかなるかもしれませんが、周囲の観光地へ行く手段がありません(駅前やホテル周辺にはレンタカーショップはありません)。特急列車の本数も少なく、普通列車の本数がもっと少なくて周参見駅での連絡もないため、電車での訪問は全くお勧めしません。

スポンサーリンク


車でのアクセス

電車の利用は大変なので、現地での交通手段を確保する意味でも、車で行くのが妥当でしょう。大阪から2時間30分くらいです。松原JCTから阪和自動車道を南下して、そのまま紀勢自動車道で終点のすさみ南ICで降ります(ここまで2時間30分)。

ICから海岸沿いを走る国道42号線方面に向かい、突き当りが道の駅「すさみ」になります。

道の駅「すさみ」に入らずに、信号で右折すると、すぐ左に脇道があります。下っていくとすぐにホテルになります。

フェアフィールド・バイ・マリオット 和歌山すさみは、カーナビの検索に引っかからないかもしれません。目的地は「道の駅すさみ」あるいは「エビとカニの水族館」に設定するといいです。
平面駐車場があり、駐車は無料です。40台くらいは駐車可能です。

スポンサーリンク


温泉「望海のゆ」

「フェアフィールド・バイ・マリオット・和歌山すさみ」 内の温泉施設をご利用いただけます。
宿泊者様だけなく、一般客の入浴も受け付けておられますので道の駅すさみにて車中泊をされるお客様や、
観光のお客様につきましても是非ご利用ください。
-https://www.michinoeki-susami.com/facilities/spa/より引用-

ホテル内には「望海のゆ」という温泉施設が併設されています。隣の道の駅「すさみ」の施設という位置づけです。

営業時間
 朝風呂  6:00-10:00(最終受付 9:30)
通常営業 12:00-21:00(最終受付 20:30)
大人(中学生以上) 800円
子ども(3歳以上中学生まで) 400円
乳幼児(3歳未満) 無料

-https://www.michinoeki-susami.com/facilities/spa/より引用-

フェアフィールド・バイ・マリオットで温泉施設を併設しているホテルは希少だと思います。ちょっとお得な気分ですね。ホテルから眺める太平洋は絶景でしょう。

スポンサーリンク


その他

道の駅「すさみ」

ホテルの隣が道の駅になっています。もともと道の駅と一体運用する方向でホテルを開業しています。

営業時間は朝9時から午後6時までです。レストランは11時から17時30分まで。残念ながら、朝食に利用するのは無理のようです。車で3分ほど、JR江住駅付近まで行くとコンビニがあるので利用しましょう。

※道の駅のホームページが2021年6月7日にリニューアルされています。温泉の情報や、「すさみ夜市」の情報がアップされています。すさみ夜市は16時~21時で、食事の提供もあるようです。詳しくはhttps://www.michinoeki-susami.com/facilities/susamiyoichi/で。

公式ホームページですさみ夜市は運営開始されていることになっていますが、2021年7月現在運営していません。コロナ禍の影響か、公式ホームページが現状を反映していないため、食事を道の駅で考えている方は注意しましょう。

目の前は海です。敷地内に展望台があります。

江須崎の風景を眺めることができます。

おなじ敷地内に「エビとカニの水族館」があります。営業時間は9時~17時です。

2021年5月現在、紀南地域のすさみ町から那智勝浦町までの区間に高速道路が繋がっていません(2023年ごろ完成予定)。観光で訪れた場合、この区間は一般道(国道42号線)を利用する必要があります。トイレ休憩のため、ドライブ観光客やバス観光客の多くは道の駅に駐車して休憩します。そのため、観光シーズンの駐車場は混雑することが多いです。

スポンサーリンク


まとめ

今回は2021年春に訪れた、フェアフィールド・バイ・マリオット 和歌山すさみの様子をアップさせていただきました。まだオープン前ですから宿泊していません(フェアフィールド・バイ・マリオット 和歌山串本に宿泊した時に前を通っただけです)。南紀勝浦・熊野三山方面観光に利用するといいと思います(ただし車が必要です)。

宿泊特化型のシンプルなホテルで、マリオット系ホテルの中では比較的リーズナブルな価格帯で利用できると思われますが、設備面から考えると他のホテルと比べて抜群に安いというわけではないと考えられます。現時点でホテルの利点は新しいことに尽きますが、将来的に建物が老朽化してくると厳しいかもしれません。

宿泊特化型ホテルなので、宿泊機能以外はほとんどないと想定されます。お食事などは道の駅を上手に利用しましょう。

2020年から2021年にかけて、紀伊半島に数多くのフェアフィールド・バイ・マリオットホテルが開業しました(和歌山の田辺中辺路も開業予定でしたが、2020年に入って情報が途絶えており、開業中止かもしれません)。これらのホテルを、サイクリングやバイクで順に巡るツアーなどはいいかもしれません。

マリオット愛好者にとっては、ラウンジはないので、上級会員のメリットは乏しいかもしれません。プラチナチャレンジ(プラチナ会員を目指す修行)のために利用するには大阪から2時間30分はかかるので、さすがにおすすめできません。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする