【空港ラウンジ体験記】羽田空港(第1ターミナル) ダイヤモンド・プレミアラウンジ

はじめに

世界一周旅行を終えて上級会員の資格を無事手に入れました。この資格でさまざまな空港ラウンジが体験できるようになります。空港ラウンジ体験記として、日本や世界のラウンジの様子をアップしていきたいと思います。

今回は東京羽田空港にある第1ターミナルのダイヤモンド・プレミアラウンジ(国内線)を紹介させていただきます。

スポンサーリンク


入室基準

ダイヤモンド・プレミアラウンジ運営時間 5:15~最終便

ダイヤモンド・プレミアラウンジは、JALの運営する航空会社ラウンジです。基本的にはJALの飛行機に搭乗する方に対するサービスになります。

・JALの国内線ファーストクラスに搭乗予定(乗り継ぎ予定)の方
・JAL便名の国際線ファーストクラスに乗り継ぎ予定の方(一部を除く)
・JMBダイアモンド、JGCプレミア会員の方
・ワンワールドエメラルド会員

同行者1名まで可能で、3歳未満は0名扱いになります。羽田空港のサクララウンジ有料利用可能ですが、ダイヤモンド・プレミアラウンジは会員以外が有料で利用できるシステムはありません。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

搭乗券などのQRコードをかざすと、入室資格があれば入室できます(入室資格の上級会員になったばかりの場合、受付の方に手続きしてもらう必要があることもあります)。

ーJAL公式ホームページよりー

このときは利用者は少なめでした。
こちらのラウンジでは、以下のサービスが提供されています。

席数不明
サービス一覧
・フード類(カレーパン、おにぎりなど)
・ソフトドリンク
・アルコール類
・おつまみ
・新聞(コロナ禍休止中)
・雑誌(コロナ禍休止中)
・無線LANサービス
・手荷物クローク
・電話ブース
・喫煙室
・トイレ
・シャワー

他空港のラウンジと違い、シャワーがあります。ラウンジには滑走路に面しており、航空機を眺めることができます。

各種ソフトドリンクとビールなどが用意されています。サクララウンジとの違いは、フード類が充実していることです。

私の訪問時は、カレーパン、メゾンカイザーのパンや、その他菓子パン類、各種おにぎり類、小袋にはいったおかきやキャンディー、ハーゲンダッツアイスクリームなどが用意されていました。

ちょっとした軽食としてフード類をいただくことができます。アサヒビールなどのアルコール類も充実しているので、ちょっと幸せな気分になるかも(コロナ禍の影響で冷蔵庫のドリンク類は一部撤去されていることもあります)。

羽田空港のフードは、頻繁に変わるので訪問するたびに楽しみです。

2021年10月訪問時は、メゾンカイザーのさつまいものパン、麻婆飯おにぎり、鮭と高菜のおにぎりでした。麻婆飯おにぎりってどうなん?と思いましたが、ピリ辛で癖になりそうな味、おいしいです。2021年10月後半にはコロナ禍も落ち着いたので、ビール類は提供が再開されていました。

スポンサーリンク


まとめ

2022年3月現在、JAL直営のダイヤモンド・プレミアラウンジは日本に5か所あります。羽田空港のラウンジはとにかく広く、スペースに余裕があります。那覇空港や千歳空港とは違い、席の確保に困ることはまずありません。ただし利用客も多いので、ややせわしない印象もあります。ハーゲンダッツのアイスクリームがちょっとうれしいラウンジです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする