【空港ラウンジ体験記】マレーシア・クアラルンプール空港 メインターミナル Sphere Lounge プライオリティ・パスで利用できるホテルラウンジ

はじめに

今回は2023年年明けに訪れた、マレーシア・クアラルンプール空港 メインターミナルに隣接したホテル「Sama Sama Hotel」のロビーにあり、プライオリティ・パスで利用可能なラウンジ「Sphere Lounge」を紹介させていただきます。

私の海外空港・ラウンジ訪問記 一覧はこちら↓

スポンサーリンク


アクセスと入室基準

Sphere Lounge
運営時間 7:00~23:00(2023年年明け)

Sama Sama Hotel

Sphere Loungeはマレーシア・クアラルンプール空港のメインターミナルに隣接した隣接した5つ星ホテル「Sama Sama Hotel」のフロントロビーにあります。出国前・保安検査前のエリアです。

Sama Sama Express Hotel(出国後エリア)

マレーシア・クアラルンプール空港にはSama Sama Hotelが複数あり、出国後エリア(サテライト・C5ゲート付近)にもトランジットホテルがあります。

Sama Sama Hotelは空港ターミナルビルから少し離れた場所にあります。時間に余裕を持って利用する必要があります。

Sphere Lounge/Sama Sama Hotelへのアクセス

クアラルンプール空港のメインターミナル(KLIA1)の2階フロアの東北端(クアラルンプールに入国して到着フロアに入って、右方向にずっと進んで突き当りを2階に降りた場所)に、Sama Sama Hotelに向かうブリッジ(連絡通路)があります。

動く歩道の手前あたりで待っていると、送迎のバギーがやってきます(5分毎くらいにやってきます)。運転手含めて4人乗りなので(相乗りです)、待ち時間が発生することもあります。

のんびり歩いてもいいのですが、荷物を持って歩くと10分くらいかかります。動く歩道区間が終わったら(正面は駐車場になります)、左に曲がるとホテルに向かう通路があって、長い通路を歩いて行きます。案内板もありますが、小さくてわかりにくいです。バギーをお勧めします。

ホテルに入って、すぐ右前方(ホテルチェックインカウンターの正面)にSphere Loungeがあります。ホテルのロビーラウンジです。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

Sphere Lounge利用対象者
プライオリティ・パスを所持している当日搭乗券がある方

プライオリティ・パスの場合、最長3時間までで、6歳未満は入室無料です。

さっそく中に入ってみましょう。

Sphere Loungeは出国前エリアにあり、空港ターミナルビルまで徒歩10分の距離にあるため、時間に十分余裕を持って利用しましょう。特にクアラルンプール空港はシンガポール・チャンギ空港と同じで、各ゲートの直前に保安検査場があるため、出発時間の1時間前がゲート集合時間になります。

多くのフライトはメインターミナルからエアロトレインでサテライトターミナルに移動する必要があり、LCCだとLCC用ターミナルに移動する必要があります。出発時間の1時間40分以上前にラウンジを離れるほうがいいと思われます。

プライオリティ・パスで利用するなら、あらかじめチェックインして搭乗券を発行する必要があります。ハブ空港となる航空会社以外の場合、時間制限があるため利用が難しいかもしれません。

当ラウンジのサービスは以下の通りです。

・ドリンク1つ(ソフトドリンクあるいはビール)
・本日のタパス2種

・無料WiFi

Sphere Loungeは、ホテルのロビーラウンジですから、いわゆる空港のラウンジとは異なります。プライオリティ・パスの公式HPによると、シャワーサービスもあるようですが、どのような形態で提供されているのか不明です。

スタッフの方にプライオリティ・パスと搭乗券を提示すると、メニュー表を持ってきてもらえます。飲み物1つと本日のタパス2種を選択すると、テーブルまで持ってきてもらえます(クアラルンプールではチップは不要です)。

私の訪問時のタパスメニューです。

Nachos Dipper(ナチョス チーズのかかったチップス メキシコ料理)
Firey Hot Wings(辛い手羽先 バッファーローウイング アメリカ料理)
100% Meat Ball(辛味ミートボール 東南アジア料理)
Gambas A La Plancha(海老のグリルペペロンチーノ スペイン料理)
Bangers & Mashed(肉と鶏肉のソーセージとマッシュポテト アイルランド料理)
Fritto Misto(シーフードと野菜のミックスフライ イタリア料理)
Salted Egg York Pop Corn Chicken
(塩漬けアヒル卵の黄身を使ったポップコーンチキン 東南アジア風中華料理)
Satay Malaysia(チキンサテー マレーシア料理)

飲み物のメニューです。

冷たい飲み物 コーラ スプライト 炭酸水 ジンジャーエール
温かい飲み物 カプチーノ カフェラテ コーヒー 紅茶
冷たい缶ビール タイガービール


飲み物はカプチーノを頼みました。冷たいコーヒー類は(尋ねてみましたが)無いとのことでした。

英語が苦手なので、メニューを見てもあまりよくわからず(笑)、メニュー名だけで内容が想像できるタパス2品を頼んでみました。サテーとミートボールです。サテーは甘辛くで癖が無くおいしいですし、ミートボールはピリ辛ですが食欲をそそる味付けでした。ごはんがあればなおうれしいですが、それは無茶というものでしょう。

注文してから提供されるまで15分くらいかかりました。飲み物はカウンターで、食べ物はレストランで調理して持ってきてくれるようです。ラウンジ内はガラガラだったのにこの時間ですから、かなり時間に余裕をもって利用する必要がありそうです。

同ホテルにはTravellers Bar & Grill @Sama Sama Hotelというレストランがあり、こちらもプライオリティ・パスの対象となっています(3時間滞在可、6歳未満無料)。営業時間が16:00~23:00と遅い時間になっているので、時間帯によって使い分けましょう。フードサービスはSphere Loungeと同等のようです。

同系列のトランジットホテルSama Sama Express KL International Airport(KLIA1サテライトターミナル 出国後エリア C5ゲート付近)内には、Sama Sama Express The Airport Loungeというプライオリティ・パスの対象ラウンジがあります(3時間滞在可、6歳未満無料)。営業時間は24時間ですが、2023年現在クローズしているそうです。

スポンサーリンク


まとめ

Sphere Loungeは、そもそもホテルロビーラウンジで、空港ラウンジとは根本的に違う施設です。オーダー形式のフード提供がメインのラウンジなので、プライオリティ・パスのレストラン型サービスと考えていいでしょう。

クアラルンプール料理が中心になるため、地元料理を楽しみたい方にお勧めです。ターミナルビルから距離があって、プライオリティ・パスの対象ラウンジとしては知名度が低めなので、ラウンジ内が混雑しないこともアドバンテージです。

2023年現在、クアラルンプール空港のプライオリティ・パス対象ラウンジはSama Sama Hotel系しかないので、プライオリティ・パスの利用を希望するなら、必然的にこちらのホテルを訪問する必要があります。時間に十分注意して利用しましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする