【空港ラウンジ体験記】マレーシア・クアラルンプール空港 サテライトターミナル ゴールデンラウンジサテライト for First Class

はじめに

今回は、2023年年明けに訪問したマレーシア・クアラルンプール空港 サテライトターミナルにあるゴールデンラウンジサテライトのFirst Class用フロアを紹介させていただきます。国際線出国手続き後にあります。

私の国内空港・ラウンジ訪問記 一覧はこちら↓

私の海外空港・ラウンジ訪問記 一覧はこちら↓

スポンサーリンク


入室基準

ゴールデンラウンジサテライト 運営時間 24時間

ゴールデンラウンジサテライトは、マレーシア航空の運営する航空会社ラウンジです。基本的にはマレーシア航空の飛行機に搭乗する方に対するサービスになります。マレーシア航空のハブ空港であるクアラルンプール空港にあるフラッグシップラウンジです。

ゴールデンラウンジサテライトは、マレーシア航空会員プログラムエンリッチのプラチナ会員用の最上級会員用のエリアと、ゴールド会員用のエリアに区画わけされています。今回の紹介するのはプラチナ会員用(ワンワールドエメラルド会員用)のエリアです。

クアラルンプール空港国際線搭乗予定で、下記の条件に合致する方は利用可能です。

・ワンワールド便利用のファーストクラスの乗客
※マレーシア航空ビジネススイート客も利用できるようです。
・マレーシア航空又はワンワールド便利用のワンワールドエメラルド会員(1名同伴可)
・エールフランス、KLM、中国東方航空、ANAなど指定ラウンジ(上級会員・ファーストクラスなど)として案内された方

2歳未満は0名扱いになります。会員以外が有料で利用できるシステムはありません(ワンワールドサファイア会員用エリアなら有償利用可)。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

マレーシア・クアラルンプール空港のメインターミナル5階フロアでチェックインし、4階に降りて出国手続きして出国後エリアに出ます。簡単な手荷物検査を行うと、正面にエアロトレインの乗車口が見えるので、そちらに乗ってサテライトターミナルに向います。

サテライトターミナルの1階に到着するので、エスカレータで2階に昇ると、ゴールデンラウンジサテライトがあります。

受付をすると、右側がファーストクラス用、左側がビジネスクラス用になっています。

ラウンジのファーストクラス用エリアでは、以下のサービスが提供されています。

サービス一覧 席数不明
ソフトドリンク
アルコール類
ビュッフェフード
フルサービスダイニング
無線LANサービス
手荷物ロッカー
トイレ
シャワールーム

ファーストクラス用エリア
仮眠室

さて、ラウンジの中へ入りましょう。まっすぐ進むとメインエリアで、右側にはフルサービスダイニングエリア、左側にはトイレ兼シャワールームがあります。

メインエリア

メインエリアです。駐機場側に面していて、飛行機が行き交うのが見えます。大きなガラス張りの部屋でとても明るいです。

窓側には重厚なソファ椅子が並んでいて、細長いラウンジです。フード飲み物類は壁側に並んでいます。

飲み物類のエリア

アルコール類も並んでいますが種類は少なめです。イスラム国家ですからね。

フード類はサンドイッチやクッキーなど、少ししか置かれていません。がっつり食事をするなら、フルサービスダイニングを利用しましょう。

利用客は少なく、静かで上品なラウンジです。一部では、食事が少ないとか狭いとか批判的な意見も多いようですが、他の航空会社のファーストクラスラウンジより上質な雰囲気で素晴らしいと思います。せわしなく乗客やスタッフが行き交っているラウンジより好感が持てます。

仮眠室

メインエリアをずっと奥に進むと、突き当り左手に仮眠室があります。

ファーストクラス用エリア

メインエリアを奥まで進むと右手にファーストクラススイートと書かれた扉があります。奥はどうなっているのか謎です。

手荷物置き場

ラウンジ受付横に荷物置き場があります。ビジネス用、ファースト用の共用です。ロックする手段が無いので、保安面が少し不安になります。

スポンサーリンク


シャワールーム

シャワールームはトイレと一体になっています。普通にトイレとしても利用されているので、便器の清潔さは保たれているとは言えません。スタッフの方はいらっしゃいましたが、声をかける必要は無さそうで、勝手に使ってくださいといった感じです。他に利用されているかたはいなかったので、部屋を自由に選びました。

きちんとセッティングされたシャワールームを利用しましょう。便器は利用された形跡がありました。

包装されたタオル、ボディーローション、歯ブラシが用意されています。ドライヤーはありますが、カミソリやコスメセットなどはありません。

シャワーブースはきちんと仕切られているので、水跳ねの心配はありません。アメニティはMagenta springsと書かれていました。日本で販売されているアメニティとは別で、マレーシアのブランドのようです。

シャワーの水圧は悪くないのですが、温度は常温より少し暖かいくらいです。やや冷たさを感じるくらいで次第に慣れますが、冷たくて利用を控える方もいるでしょうね。そのくらい冷たさを感じます。まあ、冬でも暑い地域ですから。

スポンサーリンク


フルサービスダイニング

こちらのラウンジにはフルサービスダイニングエリアがあります。

私の訪問時は4組くらいいらっしゃいました。席は十分空いていたので、すぐに席に通していただけました。

フードメニューは、サラダ、スープ、メイン、デザートが各3種類ずつ用意されていて、オーダー形式になります。全部頼む必要はないです。

5分くらい待って、マッシュルームスープ、バケット付きが運ばれていました。

メインのステーキが運ばれてくるには10分くらいかかりました。ステーキはウェルダンでしたが、海外のステーキとしては柔らかくてかなりおいしい方です。ボリュームもあって〇です。

アップルタルトだったと思います(ちょっとうろ覚えですみません)。

オーダー形式なので、運ばれてくるのに時間がかかるのは仕方ないです。クアラルンプール空港は、搭乗ゲート前で保安検査があるので、早めにゲートに向かう必要があるため、時間に余裕をもってラウンジ利用する必要があります。お食事で時間を気にする必要があるなら、ビジネスクラス用のエリアを利用したほうがいいですね。

スポンサーリンク


まとめ

クアラルンプール空港のゴールデンラウンジサテライトは、マレーシア航空のフラッグシップラウンジです(メインターミナルにゴールデンラウンジリージョナルというラウンジもありますが、サテライトの方が規模が上です)。その中でもファーストクラス用エリアは、最もサービスに注力している場所になります。

ラウンジエリアの雰囲気、フルサービスダイニングのお食事、仮眠室などのサービスは十分満足いくものです。雑然とした他社のファーストクラス用ラウンジよりかなり好感が持てます。

こんなに素晴らしいラウンジだけに、気になってしまうのは、シャワールームですね。トイレ内にあるので便器が利用後になっていることが多いですし、温かいお湯が出ないのも残念です。

2023年現在、クアラルンプール空港出国後エリアにプライオリティ・パスの対象ラウンジはありません(以前はプラザプレミアムラウンジが対象でした)。いくつかの航空会社の指定ラウンジがゴールデンラウンジ(ビジネスクラス用)になっています。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする