【空港ラウンジ体験記】熊本空港 ラウンジ「ASO」

はじめに

世界一周旅行を終えて上級会員の資格を無事手に入れました。この資格でさまざまな空港ラウンジが体験できるようになります。空港ラウンジ体験記として、日本や世界のラウンジの様子をアップしていきたいと思います。

今回は熊本空港にあるラウンジ「ASO」を紹介させていただきます。いわゆるカードラウンジにあたります。ラウンジは国内線旅客ターミナル2階の一角にあります。3階に向かう階段の傍です。

2020年4月7日に新ターミナル国内線の1階に移転となります。このブログの情報は、移転前の情報です。

2020年1月に訪問しました。

スポンサーリンク


入室基準

ラウンジASO 運営時間 6時30分~20時25分(2020年1月情報)

ラウンジは国内線ターミナル2階の保安検査外にあります。ですから、熊本空港に到着時にも利用することができます。

利用料金は大人1,000円、子供(3歳~11歳)600円(税別)、3歳未満は無料です。

・UFJ、UC、VJAグループ、JCB、DC、ダイナースクラブ、ティーエスキュービック、Orico、NICOS、ライフカード、アメリカン・エキスプレス、ジャックス、楽天カード、エポスカード、エムアイカード(公式HPより)(到着便も利用可能)

上記カードがあれば、無料で利用できます。カードが無くても有料で利用できます。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

ラウンジ「ASO」は保安検査外にあります。利用可能な方は多いですが、飛行機にすぐに飛び乗れないので、ぎりぎりまで利用するのは難しいですね。サービスは以下の通り。

席数不詳 80席程度
・新聞・雑誌閲覧
・コピー、FAX(有料)
・ソフトドリンクコーナー
・スナック(一部無料)
・アルコール※
・トイレ
・インターネットWiFi
※焼酎試飲無料 ビール1本無料 2本目より350円必要。

ラウンジ内にトイレがあるのは便利です。トイレがないと、受付に声をかけていったん出る必要がありますからね。

コピー、FAXの設備が受付の前にあります。

食べ物の持ち込みは不可です。缶ビール1本が無料でいただけます。サッポロ、一番搾り、モルツから選べます。2本目以降は1本350円です。ビールを取り出す際にチェックはありません。

焼酎の試飲は無料です。熊本の焼酎になります。

ドリンクサーバーはソフトドリンクとホットドリンクがあります。

自動販売機のようなドリンクサーバーです。紙コップに入って出てきます。

こちらのスナックも無料でいただけます。

席には電源が用意されています。

カードラウンジではアルコールが有料のことが多いですが、缶ビールをいただくことができます。無料の焼酎もあり、お酒好きにはうれしいサービスですね。

ラウンジに窓はありますが、滑走路側ではありません。飛行機を鑑賞することはできません。

ラウンジはそれほど広くありませんが、利用者が多いわけではなく、席の確保に苦労しないと思います。人の出入りはやや多めです。保安検査場まで少し距離があるので、早めにラウンジを出る必要があります。

スポンサーリンク


まとめ

カードラウンジなのですが、ビールや焼酎をいただけるのがメリットですね。おつまみも用意されているのがうれしいです。

航空会社の上級会員なら、保安検査内に航空会社ラウンジがあり、そちらの方が落ち着けるかもしれません。保安検査内に入る前に時間をつぶすにはお勧めです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする