【空港ラウンジ体験記】羽田空港(東京国際空港) ANAラウンジ(国内線)

はじめに

世界一周旅行を終えて上級会員の資格を無事手に入れました。この資格でさまざまな空港ラウンジが体験できるようになります。空港ラウンジ体験記として、日本や世界のラウンジの様子をアップしていきたいと思います。

今回は東京羽田空港にあるANAラウンジ(国内線)を紹介させていただきます。ANAが入っている第2ターミナルは国際線対応のための改修の真っ最中です。まだまだ完成まで時間がかかりそうですね。ANAラウンジは北と南の2箇所ありますが、ほとんど同じですから一括して記事にさせていただきます。今回、2019年に訪問したANAラウンジをご案内します。

スポンサーリンク


入室基準

ANAラウンジ運営時間 5:15~最終便(南は21:00まで)

ANAラウンジは、ANAの運営する航空会社ラウンジです。基本的にはANAの飛行機に搭乗するプラチナ以上の会員に対するサービスになります。羽田空港からはANA共同運航便としてAIRDO、IBEXエアラインズ、オリエンタルエアブリッジ、ソラシド・エア、スターフライヤーなども運行しており、ANAプラチナ会員以上でこれらの便をANA便名で搭乗予定の場合には利用できます。

・ANAの国内線プレミアムクラスに搭乗予定
・ANA便名の国際線ファーストクラスやビジネスクラスに乗り継ぎ予定の方(一部を除く)
・ANAダイアモンド、ANAプラチナ、SFC会員の方
・スターアライアンスゴールド会員

同行者1名まで可能で、3歳未満は0名扱いになります。また、ANAブロンズ会員でも1,000マイルか2アップグレードポイントを使えば利用できます(同行者1名まで2アップグレードポイントで利用可能)。あとは、ANAプレミアムカードを持っている方も利用できます。こちらのラウンジは、ANAの航空券購入後、Webで有料ラウンジ利用を申し込むことができます(3,100円、3歳未満無料)。

ラウンジは2階保安検査後になるため、国内線出発時にしか利用できません。60番ゲートと62番ゲート前にそれぞれ北、南があります。南にはANA SUITE LOUNGEもあります(原則ダイヤモンド会員以上しか利用できません)。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

羽田空港のANAラウンジの様子です。ANAラウンジは、どこの空港も内装がほぼ統一されています。私の訪問したのは2019年でした。

サービス内容としては以下のものがあります。

席数(公式HP非公表)
・ソフトドリンク
・アルコール
・新聞、雑誌の閲覧
・電話
・FAX、コピー機
・喫煙スペース
・手荷物ロッカー
・携帯電話通話スペース・充電サービス
・ブロードバンド無線LANサービス
・プリントサービス
・トイレ(多目的トイレあり
・キッズスペース(南のみ)

ANAラウンジのマークの傍らの自動ドアを通って受付に向かいます。搭乗券やICカードなどをかざすと、入室資格があれば入室できます(入室資格の上級会員になったばかりの場合、受付の方に手続きしてもらう必要があることもあります)。

ドリンク類のスペースです。もちろん生ビールサーバーもあります。

アルコールは焼酎、ウイスキーなどもあります。

電源が用意されている席が多いです。ビジネスユースにはデスクの席がおすすめです。

シャワーはありません。無料WiFiは利用可能です。

国内線航空会社ラウンジとしては平均的なサービス内容です。フードはおかきしかありませんが、においがきつくなければ、食べ物を持ち込むことができます。

非常に広いラウンジで、席にの確保に困ることはないと思います。目の前に駐機場が見える大きなガラス窓があり、飛行機を楽しむ方にはおすすめです。

スポンサーリンク


まとめ

2019年現在、ANAラウンジは日本に12か所あります。成田空港のANAアライバルラウンジを加えると13か所ですね。羽田のANAラウンジで注意すべきことは、ANA以外の便名で搭乗する場合は、ANAやスターアライアンスのプラチナ以上の資格があっても利用できないことです。注意しましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする