【空港ラウンジ体験記】新千歳空港 スーパーラウンジ

はじめに

世界一周旅行を終えて上級会員の資格を無事手に入れました。この資格でさまざまな空港ラウンジが体験できるようになります。空港ラウンジ体験記として、日本や世界のラウンジの様子をアップしていきたいと思います。

今回は新千歳空港にあるカードラウンジ「スーパーラウンジ」を紹介させていただきます。新千歳空港の3階にあり、保安検査前の国内線ターミナル側になります。国際線に乗るにはかなり遠いので(チェックインカウンターまで徒歩10~15分)、時間に注意する必要があります。

フードコートの奥、4階展望デッキへ行く階段のさらに奥になります。

スポンサーリンク


入室基準

スーパーラウンジ 運営時間 7:30~20:30(2019年情報)

スーパーラウンジは新千歳空港の国内線ターミナル3階の保安検査外にあります。ですから、空港に到着時にも利用することができます。

俗にカードラウンジと呼ばれるカテゴリーに属します。ある種のクレジットカードを所持していれば利用可能です。概ね、ほとんどのゴールドカード以上が対象です。

・JCB、ダイナース 、VISA、UC、トヨタファイナンス、AMEX、オリコ、ライフカード、楽天カード、エポスカード、三菱UFJニコス(MUFGカード、DCカード、NICOS)、エムアイカード、アプラス、スルガ銀行、ジャックス、イオンカード(公式HPより)(到着便も利用可能)

13歳未満は0名扱いになります。カードが無くても有料で利用できます。1人1,100円です。カードラウンジ全般に言えますが、有償利用するぐらいなら喫茶店を利用するほうが経済的です。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

スーパーラウンジは保安検査外にあります。利用可能な方は多いですが、飛行機にすぐに飛び乗れないので、ぎりぎりまで利用するのは難しいですね。


サービスは以下の通り。

席数 140席 喫煙スペースあり
・新聞・雑誌閲覧
・コピー、FAX(有料)
・無線LAN
・ソフトドリンクコーナー
・アルコール・弁当(有料)
・トイレ

ラウンジ内にトイレがあるのは便利です。トイレがないと、受付に声をかけていったん出る必要がありますからね。

食べ物の持ち込みはダメですが、受付で販売している弁当は持ち込み可能です。また、アルコールも販売しています。

フードはありません。ソフトドリンクは無料でいただけます。

ホットドリンク類もあります。

各シートには電源がついています。ビジネスユースにはデスク席あるいは個室(ではないですが)のような席がおすすめです。

通路奥には喫煙室もあります。

荷物を入れるロッカーもあります。指紋認証式で開閉できます。

こちらのラウンジが便利なのは、一時退室可能なことです。荷物をロッカーに預けて退室すると、身軽にショッピングできます。ロッカーの利用は無料です。

退室するには受付に声をかけて、一時退室カードをうけとります。20時30分までに帰ってくればOKです。

こちらのラウンジにシャワーはありませんが、空港にある温泉「新千歳空港温泉」に割引料金で入浴することができます。受付で優待券をいただき、一時退室して温泉に入浴するのがおすすめです(少し前まで1,100円でしたが、値上がりしたようです)。

このスーパーラウンジは、席数が多いのですが、それ以上に利用者が多いです。私が訪問した時は繁忙期ではありませんが、席を確保するのが大変でした。正直なところ、ロッカーと温泉の割引券の利用だけに割り切って使用しました。

人の出入りはひっきりなしで、ビジネスユースが多いと思われますが、観光客も多いです。国際線ターミナルまで遠いので、国際線利用者はさっさと出国してしまい、別のカードラウンジ「North Lounge」を利用するほうがいいと思います。

スポンサーリンク


まとめ

新千歳空港はラウンジを利用する方がかなり多く、せわしない印象を持つかもしれません。ロッカーと温泉の割引券はありがたいので、利用できる部分を積極的に利用させてもらいましょう。日本国内のカードラウンジの中では、ひとつ抜けたサービスを提供していると思います。

航空会社の上級会員なら、航空会社ラウンジの方がスペースに余裕があるので、そちらをお勧めします。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする