【空港ラウンジ体験記】チャンギ空港(シンガポール)第3ターミナル アンバサダートランジットラウンジ(Ambassador Transit Lounge) 数多いシャワールームがおすすめポイント

はじめに

コロナ禍もひと段落した2022年秋。ようやく海外旅行も再開できるようになり、私お得意の海外弾丸旅行を敢行しました。

今回は2022年秋に訪れた、シンガポール・チャンギ空港第3ターミナルにあるラウンジ「アンバサダートランジットラウンジ(Ambassador Transit Lounge)」を紹介させていただきます。

スポンサーリンク


アクセスと入室基準

アンバサダートランジットラウンジ(Ambassador Transit Lounge)
運営時間 24時間(2022年秋)

アンバサダートランジットラウンジ(Ambassador Transit Lounge)はシンガポール・チャンギ空港第3ターミナルにあります。出国後・保安検査前のエリアです。

チャンギ空港第3ターミナルの出発ゲートで出国手続きを行い、出発エリアに入ります。右に進み、左手方向にあるエスカレータで上の階に上がると、アンバサダートランジットホテル(Ambassador Transit Hotel)に隣接して駐機場側にアンバサダートランジットラウンジがあります。Butterfly Gardenの隣です。

ホテルとラウンジの運営は同じ会社です(HARILELA Group)。ホテルは1人6時間213$~です。

アンバサダートランジットラウンジは、2022年秋現在、プライオリティ・パスの対象ラウンジになっています。

チャンギ空港 プライオリティ・パス対象ラウンジ(2022年秋)
JEWEL
チャンギラウンジ(CHANGI LOUNGE)
第1ターミナル
・SATSプレミアラウンジ(STAS Premier Lounge)
・マルハバラウンジ(Marhaba Lounge)
第2ターミナル 改装閉鎖中
第3ターミナル
・アンバサダートランジットラウンジ(Ambassador Transit Lounge)
SATSプレミアラウンジ(STAS Premier Lounge)
マルハバラウンジ(Marhaba Lounge)
第4ターミナル
・ブロッサムラウンジ(Blossom Lounge)

こちらのラウンジはパスが無くても、有償利用可能です。

利用対象者
・Priority Pass (Lounge Keyを含む)、Diners
(チェックインした搭乗券を持参していること)(利用時間3時間)
・有償利用(3時間45$~)

プライオリティパスの同伴者は6歳未満だと無料です。会議室や休憩ベッド(シングル)、ジム、シャワールームの利用は別途有料です。プライオリティ・パスで利用する方は、シャワールームを無料で利用できます。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

アンバサダートランジットラウンジは出国後エリアにあるので、出発時間近くまで利用できます。ただし、チャンギ空港は搭乗ゲート直前に保安検査があるので、時間に余裕を持って利用しましょう

また、チャンギ空港にはEARLY CHECK-INというシステムがあり、本来のチェックイン時間より早くチェックインをして搭乗券を受け取ることができます。

2022年秋現在、コロナ禍の影響からか、多くの航空会社でEARLY CHECK-INを休止中です。シンガポール航空はEARLY CHECK-IN可能です。そのため、早い時間にアンバサダートランジットラウンジの利用を希望するなら、シンガポール航空利用をお勧めします。

プライオリティ・パスでのサービスは以下の通りです。

プライオリティ・パス対象サービス
・ソフトドリンク
・アルコール(2杯まで無料)
・ビュッフェフード

・シャワー
・無料WiFi
・トイレ
・雑誌や新聞

受付時にシールを渡されます。胸の目立つ位置に貼っておけばいいようです。日時と退室時間(入室時間の3時間後)、PP(たぶんプライオリティ・パスの意味)が書かれています。

ラウンジ内はすっきり整っています。席数はあまり多くありません。

写真の右奥にフード等のビュッフェ台、ドリンクサーバーなどがあります。また、アルコールオーダーやラクサ等のオーダーも可能です。写真右手の壁の向こう側にトイレとシャワールームがあります。

受付時に日時の記入されたドリンクチケットを受け取ります。アルコール2杯まで無料です。

フードの種類はあまり多くありません。上記以外は蒸し野菜くらいしかありませんでした。ビールを頼むと、シンガポールで有名なTiger beerを缶でいただけました。

ほとんどの席に、USB充電ポートとマルチプラグが設置されています。スマホの充電などが可能です。

私が訪問したのは正午前でしたが、1時間近くの滞在で、私を含め4組程度しかいらっしゃいませんでした。とても余裕をもって利用することが可能でした。

スポンサーリンク


シャワールーム

こちらのラウンジのシャワールームは、プライオリティ・パス利用者は無料です(通常は20$)。

シャワールームの場所へ直接足を運ぶと、スタッフの方がいらっしゃって、部屋に案内してくれます。シャワールームは数が多く、おそらく10室くらいあります。

入室時に歯ブラシを手渡されます。タオルは備わっています。ドライヤー、クシ、カミソリはありません。

シャワーブースと洗面スペースの間に完全な仕切りはありません。派手に水を飛ばさないように利用しましょう。トイレはブース内にありません。

ブース内にリンスインシャンプーとボディーソープがボトルでありますが(写真に写っている細長い銀色のもの)、どっちがどっちか一見してわかりません。かなり顔を近づけるとわかりますが。

シャワールームとトイレが別だというのは、清潔感が保たれてむしろ好印象です。シャワールームが多いので、待ち時間が発生することはまずないでしょう。ドライヤーが無いのが困る方がいらっしゃるかもしれません。

スポンサーリンク


まとめ

アンバサダートランジットラウンジは出国後エリアにあるので、出発時間直前まで利用できます。シャワールームがたくさんあり、清潔感が保たれているのが好印象です。

アルコールの制限やフードが少ないことなどが欠点でしょうか。これらはSTAS Premier Loungeの方が優れていると思います。食事に重点をおくならそちらがおすすめになります。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする