【空港ラウンジ体験記】米子空港 LOUNGE DAISEN

はじめに

2022年秋、コロナ禍の第7波もピークアウトし、国も観光振興策を再開しはじめた時期です。今回は2022年秋に訪問した、米子空港にあるカードラウンジ LOUNGE DAISENを紹介させていただきます。LOUNGE DAISENはターミナル2階の保安検査エリア外にあります。

DAISENの名前の由来は、鳥取県にある登山客に有名な「大山」からとっていると思われます。米子市内からその雄姿を眺めることができます。

2階保安検査場入り口の東側奥にあります。保安検査場通過前です。

スポンサーリンク


入室基準

LOUNGE DAISEN 運営時間 始発便1時間前~最終便出発15分前(2022年情報)

LOUNGE DAISENはターミナル2階保安検査場通過前にあります。ですから、国内線および国際線の出発時だけでなく、到着時にも利用可能です。

俗にカードラウンジと呼ばれるカテゴリーに属します。ある種のクレジットカードを所持していれば利用可能です。概ね、ほとんどのゴールドカード以上が対象です。

・JCB VJAグループ(VISA・マスター) UFJ TS3 MUFG LIFE ダイナース 楽天DC AMEX UC JACCS MI ORICO dカード(米子空港公式HPより)(出発・到着時に利用可能)

3歳未満は0名扱いになります。カードが無くても有料で利用できます。1人920円(税込)(3歳~12歳未満460円)です(同伴者の場合、大人720円・子供360円)。比較的安い値段設定なので、有償利用も検討していいかもしれません。自動販売機の経済性にはかないませんが。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

ターミナル2階保安検査場通過前にあります。保安検査場前になるので、出発時間に余裕をもって利用しましょう。到着時は、1つフロアを上がる必要があります。

サービスは以下の通り。

席数 約50席
・新聞・雑誌
・無線LAN(無料)
・ソフトドリンクコーナー
・アルコール(有料)
・おつまみ(有料)
・パソコン利用(2台)

ラウンジ内にトイレがないのは残念ですね。トイレが無いと、受付に声をかけていったん出る必要があります。

ソフトドリンクは自動販売機の紙カップジュースのような提供方法です。

ホットコーヒーはサーバーがあります。アルコールは自動販売機で購入します。おつまみ・お菓子は受付で購入できます。

さまざまなタイプの席が用意されていますが、電源が無い席も多いです。パソコンが備わったビジネスデスクもあります。

ラウンジ内に窓はありますが、滑走路側ではなく駐車場側です。航空機を眺めてくつろぐことはできません。

2021年4月から全面禁煙になっています。食べ物の持ち込みに関しては、ホームページやラウンジ内掲示に注意は無く、禁止されていないのかもしれません。

スポンサーリンク


まとめ

2022年秋の米子空港は、国内観光振興が始まっていることもあり、ラウンジ内もそこそこの利用客がいらっしゃいました。米子空港には、ほかにラウンジが無いので、こちらを利用するしかありません。

保安検査場前のため、時間をチェックしつつ利用する必要があります。米子空港は保安検査の優先レーンがないので注意しましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする