【空港ラウンジ体験記】関西空港 KIXエアポートラウンジ

はじめに

世界一周旅行を終えて上級会員の資格を無事手に入れました。この資格でさまざまな空港ラウンジが体験できるようになります。空港ラウンジ体験記として、日本や世界のラウンジの様子をアップしていきたいと思います。

2020年4月末でクローズされます。
追記:2020年4月13日に閉鎖されました。2020年冬にエアロプラザにリニューアルオープンする予定とのことです。2020年7月23日より第1ターミナル3階で仮設ラウンジがオープンしています(有料です)。

今回は大阪関西空港にある「KIXエアポートラウンジ」を紹介させていただきます。関西空港はターミナルが2つありますが、「KIXエアポートラウンジ」は第1ターミナルにあります。

第1ターミナル2階の北側(ANA側)、国内線保安検査場の手前にあります。マクドナルドの傍です。

スポンサーリンク


入室基準

KIXエアポートラウンジ 運営時間 24時間(2019年情報)

2020年4月中は7時~22時のみの営業になり、5月以降クローズされます。

KIXエアポートラウンジは大阪関西空港の第1ターミナル2階(国内線出発フロア)の保安検査外にあります。ですから、関西空港に到着時にも利用することができます。

こちらは、純粋なカードラウンジではありません。Aprecioというインターネットカフェを全国に展開しているチェーンの経営です。ですから、インターネットカフェをイメージしていただいた方が正しいと思います。

通常、利用の際に受付で席を選びます。オープン席が一番安く(30分315円~)、ブース席やグループルームだと高くなります(30分418円~)。シャワーを利用できますが(お湯15分)、1回519円(席とセットだと315円)です。2019年10月に消費税上昇のため値上がりしました。

・JCB、楽天カードのゴールドカード以上のメンバー及び台湾楽天カード(公式HPより)(到着便も利用可能)

JCBカードは2020年3月末まで利用可能。4月中は楽天カードのみ利用可能で、JCBカードは利用できなくなります。5月以降はクローズとなります。

上記カードがあれば、2時間まで無料で利用できます(シャワーは別料金)。カードが無くても有料で利用できます。小学生未満は半額で、3歳未満は無料です。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

KIXエアポートラウンジは保安検査外にあります。利用可能な方は多いですが、飛行機にすぐに飛び乗れないので、ぎりぎりまで利用するのは難しいですね。サービスは以下の通り。

席数 約90席 喫煙スペースあり
・新聞・雑誌閲覧
・コピー、FAX(有料)
・ソフトドリンクコーナー
・フード(有料)
・アルコール(有料)
・トイレ
・インターネット
・シャワー(有料)
・マッサージチェア

関西空港でシャワー室は貴重です。国際線も含めてシャワー室があるラウンジはここだけです。国際線とエアロプラザ(空港の正面向かいの建物)に有料のシャワールームがありますが、エアロプラザは18時~9時しか利用できません。

ラウンジ内にトイレがあるのは便利です。トイレがないと、受付に声をかけていったん出る必要がありますからね。

フード・アルコールは有料です。

食べ物の持ち込みは不可です。ソフトドリンクは無料でいただけます。

オープン席は自由席です。ブースは席が固定となります。ほとんどの時間帯で、ブース席が埋まっていることが多いです。インターネットカフェだけに、一夜を明かすのに利用する方が多いと思われます。ラウンジには窓がないので、外を見ることができません。

ブース席です。個室感がありますが。扉がないのと、壁が人の目線より低いので、完全にプライバシーが守られるわけではありません。

イヤホンつきのパソコン、金庫、リラックスシートが供えられています。リラックスシートは足台と一緒に使えばベッドのように休むことができます。実際、仮眠されてい方が多いようです。

私が訪問した時はオープン席だと余裕がありましたが、人の出入りはひっきりなしでした。オープン席でも漫画や雑誌類を見て時間をつぶすことはできますが、ブース席のような個室感がないので落ち着きません。

シャワー室の様子

シャワー室はラウンジの奥にあります。使いたい方は受付時に申し出ましょう。受付前に混雑状況が掲載されています。満室と書かれていても、実際は空室があることもあります。利用料金にタオルは含まれていないので、440円でレンタルあるいはタオルを持参する必要があります。

ドライアーとかご、シャワー室のカギ、シャワーのコインを渡されます。

このような感じでシャワー室は5室並んでいます。

シャワー室の鍵を開けて中に入ります。こちらはNo.5の部屋で、他の部屋に比べて少し大きめです。洋服掛け、椅子、コンセントなどが用意されています。スペースが広いので着替えやすいです。

シャワー室の中にはシャンプー、ボディーソープがあります。シャワーはコインを入れると15分間利用できます。途中でシャワーを止めることもできるので、着替えの時間などを含めると、実質30分以上利用できます。

利用残り時間は表示されるので安心です。シャワーは温度調節可能ですが、水圧は一定です。少し水圧が弱いと感じる方もいらっしゃると思います。

シャワーは、関西空港内で最も安く利用することができます。そのため、常に混雑しており、待ち時間が生じることが多いです。時間に余裕をもって利用しましょう。国際線利用の方は、出国後エリアのシャワールームを利用したほうがいいと思います。

スポンサーリンク


まとめ

ブース席は満席状態のことが多いです。夜を明かす方も多い印象です。カードラウンジとして使うならば、利用可能なカードが少ないので(2019年現在でJCBと楽天カードのみ)、ほとんどのユーザーは「比叡」を訪問すると思われます。漫画や雑誌に興味があるなら、こちらのラウンジ?がおすすめです。

航空会社の上級会員なら、航空会社ラウンジの方が落ち着きがあるので、そちらをお勧めします。また、プライオリティパスで利用できるラウンジ(KALラウンジ、ぼてじゅう)もあり、フードサービスはそちらの方が圧倒的に上になります。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする