【インターコンチネンタル】ANAクラウンプラザホテル大阪 宿泊記(2)

はじめに

海外旅行は弾丸なので宿泊すらしないわたくしのブログですが、今回はインターコンチネンタルホテルグループの宿泊記をアップさせていただきます。

今回、2020年秋に宿泊したホテル「ANAクラウンプラザホテル大阪」の模様をアップさせていただきます。前回の記事の続きになります。今回はレストランとクラブラウンジです。

スポンサーリンク


朝食会場「カフェ・イン・ザ・パーク」

ANAクラウンプラザホテル大阪の朝食会場は、1階にあるカフェ・イン・ザ・パークです。なお、クラブフロア宿泊者も、コロナ禍の影響で、朝食はこちらで提供されます。

カフェ・イン・ザ・パーク 営業時間
朝食:7:00~10:00 大人3,000円
昼食:11:30~14:30
夕食:17:30~21:00(木~日・祝日営業)

1階の奥まった場所に入り口があります。細長い構造でこじんまりとしたレストランです。7時から営業ですが、7時に店舗前に並んだ時には8組程度の列ができていました。順に案内されます。

ハロウィンシーズンですから、パンプキンがお出迎えしてしてくれました。

店内の席は半数以下しか埋まったおらず、かなり余裕がありました。朝食時間を予約制にして、蜜を避けるようにしていたためです。朝食なしプランで予約なしで来店した方は、予約の方が全員入店してから案内されていました。

朝食はビュッフェ形式です。中央ではエッグスタンドがあり、オムレツや目玉焼きなどを作っていただけます。手前はベーコンやウインナーなどの洋食類が配置されています。コロナ禍の影響で、ビニール手袋をしてお食事をとりに行くことになっていました。

点心などの中華、大阪名物たこ焼きなども提供されています。

ごはん、みそ汁、焼き魚など、和食類も種類が豊富です。

パンケーキ、ワッフルなど。

ヨーグルト、果物類。

シリアル類も多くの種類が提供されていました。

洋食中心でいただいてみました。オムレツの具材は選択できます。

フルーツ類もいただきました。

レストランから出る際に、コーヒーなどを部屋に持ち帰ることもできます。

特筆すべき特色はありませんが、メニューは豊富で、朝食料金にじゅうぶん見合うだけの料理が提供されていました。お部屋に軽食を持ち帰ることができるのが、地味にうれしいですね。

スポンサーリンク


クラブラウンジ

クラブラウンジはクラブフロア宿泊客用の専用ラウンジです。24階にあります。エレベータホールの目の前です。

入室資格のある方は、入室時に受付でルームナンバーと名前を告げると席に案内していただけます。

中はかなり広く、重厚な雰囲気のラウンジです。

クラブラウンジのフードプレゼンテーションは以下の通りです。

運営時間 15:00~20:00
朝食 7:00~10:00(1階カフェ・イン・ザ・パークで)
ティータイム 15:00~17:00
カクテルタイム 18:00~20:00
※コロナ禍の影響で利用時間は各プレゼンテーションで60分制限
※コロナ禍の影響でこちらではチェックインをしていません

フードプレゼンテーションのメインスペースです。奥にドリンク類の冷蔵庫、右手にホットドリンクサーバーがあります。

利用対象者はエグゼクティブフロア宿泊者です。IHGリワード会員で、ラウンジ利用できる制度はありません。

ティータイム(15:00-17:00)

ティータイムにはアフタヌーンティーにふさわしいフード類が並びます。スコーン、クッキー、チョコレート、フルーツ類(バナナ・オレンジ類)、ケーキなどが並びます。

飲み物として、ミネラルウォーターや清涼飲料水(コーラ、ダイエットコーラ、パイナップルジュース)など。

グレープフルールジュース、ウーロン茶、オレンジジュース、ホットドリンクサーバーなどが用意されています。

ちょっとこじんまりした感じですが、スコーンをいくつかいただくとボリューム感があります。

ラウンジ内の人は多いですが、チェックインされていない方が多いこと(フロントは激混みですからね)、ラウンジがかなり広いこと、利用される方が限定されていること、時間制限があることなどから、席は常に半分以上は空いています。余裕を持って利用できます。

スナックタイム(18:00-20:00)

18時になると、アルコール類やフード類が提供されるようになります。

幾種類かのアルコール類が並べられます。

ワイン類、缶ビールなども提供されます。ティータイムに提供されていたドリンク類も、引き続きいただけます。

フード類は、いろいろ種類が豊富です。シュリンプ、フライドポテト、サンドイッチ、ミートボール、かっぱ巻き、サーモン、ハム、チーズ(写真にありませんがブルーチーズもあります)、ツナ、ミニケーキなど。

サーモンやナスなどがはいった料理も提供されました。一通りいただくと、それなりに量があります。簡単な夕食代わりになると思います。私はこれで十分でした。

カクテルタイムの方がティータイムより人が多かったですが、ラウンジ内の人はまばらになり、まったりとした時間を過ごすことができます。

スポンサーリンク


まとめ

今回は2020年に宿泊したホテル「ANAクラウンプラザホテル大阪」の宿泊記でした。インターコンチネンタルほどお高くはなく、クラブフロアでもリーズナブルな価格で宿泊できます。また、ビジネス利用も多い印象です。

クラブラウンジはそれなりに充実していますが、時間制限があるので気軽に利用できません。コロナ禍の影響なので仕方ないですね。とりあえず、チェックイン・アウトに時間がかかりすぎるので、今後の利用のハードルが高くなってしまいます。お値段の割に設備とサービスはまずまず充実しているので、改善に期待します。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はる より:

    ホテル滞在贅沢で素敵ですね!国内旅行も行きたくなりました!

    • RTW-tabizuki より:

      こんにちは、はるさん。訪問ありがとうございます。

      海外に行きたいですけど、まだまだ難しいみたいですね。2週間の自宅待機が可能ならいいのですが、そんな余裕のある職場ではありませんし。
      国内旅行でうさばらしといきたいところですが、コロナ禍も第3波が来てるみたい。職場の目もあるので、国内旅行もそろそろ厳しいです。
      ホテルから出なければ大丈夫かな。

      またの訪問をお待ちしております。