【空港情報】南紀白浜空港 日本のワイキキ?

はじめに

少し古い記事です。和歌山県白浜にある南紀白浜空港を訪れました。

正直なところ、私にとってハブ空港の伊丹あるいは関西空港には、南紀白浜便はありません。あまり縁がないはずの空港ですが、たまたま縁があって訪れることになりました。

南紀白浜ですが、全国的にはあまり知名度は高くないと思います。関西ではそれなりに知られていますが、関東で白浜というと千葉南端の街と勘違いされます。

JALのホームページでは「日本のワイキキ」と説明されています。南紀白浜のメイン海水浴場「白良浜」がワイキキっぽいとのことです。この是非に関しては、人によって受け取り方次第でしょう。世界遺産「熊野古道」の玄関口でもある、リゾート観光地です。

南紀白浜空港は、羽田空港からしかフライトがありません(1日3往復)。基本的には観光需要に対する路線です。近年、首都機能移転の関係で、一部の官公庁業務(総務省統計局)が白浜町に移転調整中のようで、ビジネス需要もありそうです。

1996年に新滑走路の運用を開始し、旧滑走路は空港機能として利用されていません。旧滑走路はそのまま残されていますが、一般の立ち入りは禁止されています。

ただ、旧滑走路は航空関係の実験などで使われているようです。イベントの際には駐車場として利用されます。

こちらの空港にはラウンジがありません。2019年に空港ターミナルビルが民営化されたので、今後に期待しましょう。

スポンサーリンク


南紀白浜空港へのアクセス

南紀白浜空港はJR白浜駅が最寄り駅になります。JRの特急くろしおの停車駅でもあり、新大阪駅や天王寺駅から1本で到着します(まあ、大阪から南紀白浜空港を目指すかたはいらっしゃらないでしょうが)。

白浜の観光地「白良浜」やJR白浜駅からは路線バスがあり、10~20分程度で到着します。問題は、バスの本数が異常に少ないことです。もともと飛行機の便数も少ないのですが、飛行機に連絡するバスが無い時間帯もあります。観光で来るのなら、タクシーやレンタカーの利用が無難です。

パンダで有名なテーマパーク「アドベンチャーワールド」へは、バスや車で10分かかりません。距離は2kmぐらいなので、頑張ったら歩けるかも(アップダウンのある道を30分くらい歩くので、夏に荷物を持って移動するのはお勧めしません)。

スポンサーリンク


南紀白浜空港:1階チェックインカウンター

南紀白浜空港はこじんまりとした空港です。札幌丘珠空港と同じくらいのスケールです。1日3便しかないので、早めに到着するとがらがらです。

出発ロビーは2階になります。エスカレーターが設置されています。

スポンサーリンク


南紀白浜空港:2階出発ロビー

2階が出発ロビー、保安検査場入り口になります。優先検査場は設置されていません。レストランとショップが運営されています。

搭乗待合室から滑走路を眺めています。向こう側にアドベンチャーワールドの観覧車が見えます。こちらの空港は、こじんまりしているものの、ちゃんとボーディングブリッジがあります。建物の外に出ないで搭乗できます。

3階に展望デッキがあるそうです。残念ながら足を踏み入れたことが無いので、写真はありません。

スポンサーリンク


まとめ

少し前に訪問した南紀白浜空港の模様をアップさせていただきました。観光地の超コンパクトな空港です。現地での移動手段が少ないのが不便です。空港自体に楽しめる場所が少ないので、純粋に移動手段としての利用になります。今後に期待しましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする