【マリオットホテル】シェラトン・ワイキキ 宿泊記(3)

はじめに

海外旅行は弾丸なので宿泊すらしないわたくしのブログですが、今回は国内ホテルの宿泊記をアップさせていただきます。マリオットの上級会員を取得している関係上、マリオット系ホテルの宿泊記が多くなってしまう今日この頃です。

2019年夏に宿泊したホテル「シェラトン・ワイキキ」の模様をアップさせていただきます。前回はお部屋やレストランについてでしたが、今回はプールやビーチについて公開させていただきます。

スポンサーリンク


ヘルモア・プレイグラウンド(ファミリープール)

ハワイといえばリゾート、リゾートと言えばプールでしょう。シェラトン・ワイキキもリゾートらしいプールがあります。ファミリー用の「ヘルモア・プレイグラウンド」、大人専用の「インフィニティ・プール」。 

まずは、ヘルモア・プレイグラウンドです。年齢制限なく楽しむことができます。宿泊客専用プール(ロイヤルハワイアン宿泊客も利用できます)で、チェックイン時に渡されたルームキー機能のあるリストバンドを装着していないと利用できません。

運営時間 8:00~20:00(ジャグジーのみ22:00まで)

上の写真の赤丸で囲まれた建物で、リストバンドを提示してタオルを受け取ることができます。リストバンドをしていない方(子供など)は、こちらで宿泊確認をしたうえで、緑の紙のリストバンドをしてもらい、プールを利用できます。

タオルを受け取る建物の前にあるエリアは歩ける乳児なら足が着くぐらいの深さです。赤ちゃんづれのファミリーが多かったです。

浅いプール(写真の左側)の奥には、このプールで最も深いプールがあり、子供では足がつきません。

深いプールの奥の方にはちいさなスライダーがあります。小さな子供でも楽しめる程度の傾斜で、スタッフの方がいるわけでもありません。

スライダーを滑ると、少し大きめのプールがあります。

プールの脇には、ジャグジーが2つあります。外は暑いのですが、意外と入ると癒されます。

深いプールの向こう側にスライダーがあります。

スライダーは91cm以上でないと利用できません。

こちらのプールは、大きな浮き輪は利用できません。利用可能なアームヘルパーは無料でレンタルできます。

一応、プールサイドにロッカーや更衣室があります。宿泊客がほとんどなので、みなさんお部屋で着替えますよね。あまり利用されていないようです。

プールサイドにプールチェアが多数ありますが、大きなカバナやプールに近いチェアは有料で、$30~250(1日)かかります。宿泊客はオンライン予約可能だそうです。

もともと、ハワイは家族旅行が多いうえに、こちらのホテルは家族連れが多く、家族用プールは常に混雑していました。さらに、ロイヤルハワイアンの宿泊客もこちらのプールを利用できるので、プールチェアは朝から争奪戦です。16時ごろから混雑が緩和されてくるので、人混みが嫌いなら夕方以降がおすすめです。

ープールは20時まで利用可能ですー

スポンサーリンク


インフィニティ・エッジ・プール

シェラトン・ワイキキのインフィニティ・エッジ・プールは、ワイキキの水平線を見渡せるので有名です。16歳以上の大人のみ利用可能なため、プール内もプールチェアもあまり混雑していません。

運営時間 8:00~20:00

ヘルモア・プレイグラウンドと違って、優雅で上品な雰囲気です。

目の前には海しかありません(シェラトン・ワイキキの前には砂浜が無く、プールの下は海になります)。

黄色のフロートは無料貸し出しのものです。これは利用可能です。

プールサイドにはエッジ・オブ・ワイキキがあり、飲み物などがいただけます。

タオルはルームキーで無料貸し出ししてもらえます。カバナもヘルモア・プレイグラウンド同様に有料でレンタルしています。

スポンサーリンク


ワイキキ・ビーチ

ハワイの代名詞ともいえる、ワイキキビーチ。天気のいい日の見晴らしは最高です。

シェラトン・ワイキキはワイキキビーチに面しているのですが、ほとんど砂浜が無く、正面にに遊泳可能なビーチはありません(ちなみに、プライベートビーチというものは、ハワイの法律では認められていません)。

ヘルモア・プレイグラウンドから、隣のホテル(ロイヤル・ハワイアン)の前のビーチに出る通路があり、そちらを通ってビーチに向かいます。

この通路を通っていきます。写真の右手にはシャワーがあり、海水浴で砂まみれになった後にシャワーを浴びることができます。シャワーは1つしかないので、常に10人以上の列ができています。

通路を抜けると、すぐにワイキキビーチです。

写真の右側にフラッグが立っていますよね。この日は海が荒れていて、波が高かったため、注意を促すフラッグが立っていました。実際、波が高くて、小学生でも安全に遊泳できる状況ではありませんでした。シェラトン・ワイキキの海岸の通路には波が空から打ちつけていましたしね。それでも遊泳禁止にならないのはアメリカならではでしょうか。

ワイキキ・ビーチにはチェアが並んでいます。ロイヤル・ハワイアンの前のチェアはロイヤル・ハワイアンの管理下にあるので、そちらで(ヘルモア・プレイグラウンドの受付でも可能)有償でレンタルすることができます。ビーチ自体は公共の場所なので、だれでも利用可能です。

スポンサーリンク


まとめ

2019年夏に利用した、シェラトン・ワイキキの様子を3回にわたってアップさせていただきました。のんびりするのもいいですし、プールやビーチのアクティビティを楽しんでもいいと思います。充実したワイキキのホテルライフを過ごすためにも、いろいろ前情報を仕入れておくと便利です。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする