【マリオットホテル】東京マリオットホテル 宿泊記(1)

はじめに

海外旅行は弾丸なので宿泊すらしないわたくしのブログですが、今回は国内ホテルの宿泊記をアップさせていただきます。マリオットの上級会員を取得している関係上、マリオット系ホテルの宿泊記が多くなってしまう今日この頃です。

2018年年末に宿泊したホテル「東京マリオットホテル」の模様をアップさせていただきます。

スポンサーリンク


駅からホテルへ

今回は東京マリオットホテルに宿泊してきました。マリオットグループの中で中核であるマリオットホテル系列で、プレミアムのカテゴリーになります。もともと森ビル系のラフォーレホテルがリブランドしてオープンしたホテルで、フランチャイズとして森トラスト・ホテルズ&リゾーツの運営になります。マリオットグループにおけるカテゴリーは2020年2月現在で6になります(8段階で上から3番目)。

その名の通り、東京都内にあります。それも、新幹線や京急などが集まる交通の要衝の品川駅が最寄り駅です。

高輪口から駅をでます。JRからだと、階段で降りる形になります。

正面に品川プリンスホテルが見えるのですが、信号を渡らずに左に曲がります。

曲がってすぐのところにバス停があります。ここから御殿山トラストシティ(東京マリオットホテル)行きの無料送迎バスが出ています。バスの出ていない時間帯もありますし、バスに乗るために列ができて並ぶこともあります。

歩いていくこともできます。JR五反田駅方面に歩けば、10分程度で到着します(五反田からは20分くらい歩くので、歩くなら品川駅あるいは京急北品川駅からにしましょう)。

バスに乗らずに歩いてみたいと思います。先ほどの送迎バスのバス停を右に見ながら、そのまま直進します。

すぐに信号のある横断歩道が右手に見えるので、そちらを渡って、道の反対側の歩道を左に進みます。

そのまままっすぐ進んでいくと、道が右にゆるやかに曲がっていきます。曲がっていくところで横断歩道を渡ります。マリオットのマークが目印です。

さあ、右前方にホテルの建物が見えてきました。茶色の高層ビルがホテルの建物になります。

ここまでくればあと少し。ビルの扉を通り、エスカレーターを1階昇れば、フロント階になります。

スポンサーリンク


フロントでチェックイン

クリスマスシーズンなので、ロビーにはいると真正面にクリスマスツリーが飾ってありました。5周年って書いてありますね。マリオットリブランドして5年目になるようです。

ロビーラウンジ(ラウンジ&ダイニングG)の脇を歩くとフロントにたどり着きます。ちょっと早く着いたのでお部屋の用意ができていない模様。

受付の方は海外の方でした。最近の東京のホテルはスタッフから多国籍ですね。「ラウンジでお待ちください」と、26階エグゼクティブクラブラウンジに向かうようにお勧めされました。マリオットプラチナプレミアエリート会員なので、そちらの特典でラウンジアクセス権が付与されています。

エレベータでエグゼクティブフロアの26階まで上がります。こちらにもクリスマスツリーが飾られていました。中に入って部屋の準備を待ちます。

エリート会員特典として、ルームアップグレードをしていただけました。もともとは最も安いルームをSPGアメリカンエクスプレスカードの無料宿泊特典で予約していました。スーペリアキングで予約していたところ、スーペリアコーナーキングになりました(んー、あまり大きなアップグレードではありませんね、残念)。

ちなみに、こちらのホテルのプラチナエリート以上でのサービスです。ラウンジアクセスの他に、ウェルカムギフト、レイトチェックアウト、レストラン割引、WiFi無料、ミーティングルーム2時間無料、フィットネス(ジム・プール利用)無料などがあります。

スポンサーリンク


お部屋の様子

それでは、スーペリアコーナーキングのお部屋に向かいましょう。

部屋はベッドルームのワンルームです。コーナールームなので、部屋がくの字になっています。

大きなディスプレイのテレビです。

脇のテーブルには、使用自由なスマホなどが置かれています。

洗面台はトイレやバスと一体になっているユニットバスですね。

見ての通り、洗い場はありません。

洗面台には白い箱があります。アメニティが収められています。

マリオット系ホテルでおなじみのTHANNのアメニティです。

窓からは線路が見えます。東海道新幹線、東海道線、山手線、京浜東北線などの列車が走行する姿を眺めることができます。鉄道好きには至福の光景でしょう(私もわりと好きです)。

スポンサーリンク


まとめ

今回は2018年末に利用した、東京マリオットホテルの様子をアップさせていただきました。東京の交通の要衝である品川駅から近いホテルです。利便性では品川プリンスホテルやザ・プリンス・サクラタワー東京(オートグラフコレクション)の方が優れていると思われますが、マリオットステータス会員としては、こちらの方がコストパフォーマンスがいいです。東京出張にお勧めです。

次回は、東京マリオットホテルのエグゼクティブラウンジと朝食会場についてアップさせていただきます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする