【空港ラウンジ体験記】松山空港 スカイラウンジ

はじめに

世界一周旅行を終えて上級会員の資格を無事手に入れました。この資格でさまざまな空港ラウンジが体験できるようになります。空港ラウンジ体験記として、日本や世界のラウンジの様子をアップしていきたいと思います。

今回は松山空港にあるスカイラウンジを紹介させていただきます。いわゆるカードラウンジにあたります。ラウンジは旅客ターミナル3階の一角にあります。

公式HPより引用

2020年晩冬に訪問しました。

スポンサーリンク


入室基準

スカイラウンジ 運営時間 8時30分~19時30分(2020年2月情報)

ラウンジはターミナル3階の保安検査外にあります。ですから、松山空港に到着時にも利用することができます。

利用料金は大人1,000円、子供同料金(税別)、3歳未満は無料です。

・UFJ、UC、VJAグループ、JCB、DC、ダイナースクラブ、ティーエスキュービック、Orico、NICOS、エポスカード、MUFGカード、ライフカード、アメリカン・エキスプレス、ジャックス、楽天カード、エムアイカード(公式HPより)(到着便も利用可能)

上記カードがあれば、無料で利用できます。カードが無くても有料で利用できます。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

スカイラウンジは保安検査外にあります。利用可能な方は多いですが、飛行機にすぐに飛び乗れないので、ぎりぎりまで利用するのは難しいですね。サービスは以下の通り。

席数 18席
・新聞・雑誌閲覧
・ソフトドリンクコーナー
・アルコール(有料)
・インターネットWiFi

ラウンジ内にトイレがないのは少し不便です。トイレには、受付に声をかけていったん出る必要があります。コピー、FAXの設備は無いようで、確認できませんでした。

食べ物の持ち込みは不可です。ドリンクサーバーはソフトドリンクとホットドリンクがあります。

アルコールは有料で、受付で販売されています。

席におしながきがおかれています。

ラウンジは個室感のある席が多数用意されています。落ち着いて過ごすことができます。

各席にUSBポートと電源が用意されています。

ラウンジには展望スペースに面した大きな窓があります。滑走路の飛行機を眺めながら時間をつぶすことができます。

とても席数が少なくこじんまりとしていますが、こちらの空港にはもう一つカードラウンジ「ビジネスラウンジ」があるので、ある程度分散して利用されています。8時30分までオープンしないので、それまでの時間帯はビジネスラウンジを利用する必要があります。

ビジネスラウンジの方が、保安検査場から近いので混雑しています。保安検査場は時間帯によっては大混雑するので、早めにラウンジを出る必要があります。

スポンサーリンク


まとめ

一般的なカードラウンジで、当然ですがお酒をいただくことはできません。一応受付で購入できます。

航空会社の上級会員なら、保安検査内に航空会社ラウンジがあり、そちらの方が落ち着けるかもしれません。保安検査内に入る前に時間をつぶすにはお勧めです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ネネです。 より:

    こんにちは!ブログランキングから来ました。^^
    世界一周旅行を終えると上級会員の資格と言うのがもらえるのですね。
    その資格でさまざまな空港ラウンジが体験できるようになるとは知りませんでした!!
    素敵ですねー。

    • RTW-tabizuki より:

      こんにちは、ネネさん。訪問ありがとうございます。
      世界一周でマイレージポイント(各航空会社によって名前はちがいますが)を獲得すると、資格をいただくことができます。
      松山空港などの国内空港のラウンジでしたら、クレジットカードの特典で利用できますので、世界一周までする必要はありませんよ。
      ネネさんのブログを拝見させていただきましたが、和歌山県の白浜在住なのですね。残念ながら、南紀白浜空港にはラウンジがありません。
      当サイトには白浜の記事もありますので、またご覧になってください。
      またの訪問をお待ちしております。