【空港ラウンジ体験記】佐賀空港 Premium Lounge さがのがら。

はじめに

2022年春、コロナ禍もひと段落、国内線旅行客が増えているらしいですね。今回は2022年春に訪問した、佐賀空港にあるカードラウンジ「Premium Lounge さがのがら。」を紹介させていただきます。

佐賀空港2階の国内線保安検査場脇の奥まった場所にあります。保安検査場通過前です。

スポンサーリンク


入室基準

Premium Lounge さがのがら 運営時間 8:30~国内線最終便出発(2022年情報)
※2022年6月現在、8:45~20:00の時短運営になっています。

カードラウンジ Premium Lounge さがのがらは国内線ターミナル2階保安検査場通過前のエリアにあります。国内線保安検査場の横の通路の突き当りです。国内線および国際線の出発時だけでなく、到着時にも利用可能です。

名前の由来は、佐賀の伝統技術の柄、すなわち「佐賀の柄」に由来しているらしいですが、「。」は何なんでしょうね? 「モー娘。」みたいな感じでしょうか?

2020年11月にオープンしたばかりの新しいラウンジです。全体的にウッド調の雰囲気を醸し出しています。

俗にカードラウンジと呼ばれるカテゴリーに属します。ある種のクレジットカードを所持していれば利用可能です。多くのゴールドカード以上が対象です。

・JCB、SAISON、UC、楽天、TS3、JACCS、ORICO、APLUS、MI、UCS(佐賀空港公式HPより)(出発・到着時に利用可能)

メジャー系だと、VJA(VISA&マスター)、AMERICAN EXPRESSなどは利用できません。受付の方によると、この夏以降に対象カードが増える予定だそうです。

カードが無くても有料で利用できます。大人1,100円、子供(3歳~11歳)550円(税込)で、3歳未満は無料です。

また、佐賀空港「マイエアポートクラブ」会員なら大人800円、子供(3~11歳)400円で利用できます。

カードラウンジ全般に言えますが、有償利用するぐらいなら喫茶店を利用するほうが経済的です。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

国内線ターミナル2階保安検査場の通過前エリアにあります。出発時間に余裕をもって利用しましょう。到着時は、1つフロアを上がる必要があります。

サービスは以下の通り。

席数 不詳(45席程度)
・新聞・雑誌閲覧
・フライトインフォメーション
・無線LAN(無料)
・ソフトドリンクコーナー
・電話ブース
・喫煙ルーム
・貸し切り個室ブース(有料)
・お手洗い

カードラウンジですからシャワーブースはありません。

ソフトドリンクはコールド・ホットともにあります。飲み物は自動販売機のようなサーバーですね。コーヒーはドトールコーヒーみたいです。雑誌、新聞は自由に閲覧できます。

佐賀産温州ミカンジュース100%や、佐賀県武雄市産レモングラスのティーバッグが用意されていました。

窓は駐車場側に面しているので、航空機を見ながらくつろぐことはできません。席にはコンセントとUSB充電ポートが設置されています。

ラウンジ内にトイレがあり、便利です。トイレが無いと、受付に声をかけていったん出る必要がありますから。

スポンサーリンク


まとめ

私の訪問した時の佐賀空港は、コロナ禍の影響も下火になっている週末だったので、多くの方がいらっしゃいました。ただ、就航便数が少ないので、保安検査場もあまり列ができていませんでした。

繁忙期に訪問したのですが、ラウンジ利用者は私だけでした。窓が大きく明るいので、非常に広く感じられます。場所が保安検査場の前にあるので利用しやすいですが、対象となるクレジットカードが少ないので利用者が少ない印象です。

佐賀空港には航空会社ラウンジが無いので、ラウンジ利用希望ならこちらを利用するしかありません。保安検査場前のため、時間をチェックしつつ利用する必要があります。佐賀空港は保安検査の優先レーンがないので注意しましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする