【空港ラウンジ体験記】チャンギ空港(シンガポール)第3ターミナル シルバークリスラウンジ ビジネスクラス用(SilverKris Lounge for Business Class) シンガポール航空のフラッグシップラウンジ

はじめに

コロナ禍もひと段落した2022年秋。ようやく海外旅行も再開できるようになり、私お得意の海外弾丸旅行を敢行しました。

今回は2022年秋に訪れた、シンガポール・チャンギ空港第3ターミナルにあるシンガポール航空の航空会社ラウンジ「シルバークリスラウンジ(SilverKris Lounge)」を紹介させていただきます。

スポンサーリンク


アクセスと入室基準

シルバークリスラウンジ(SilverKris Lounge)
運営時間 24時間(2022年秋)

シルバークリスラウンジ(SilverKris Lounge)はシンガポール・チャンギ空港第3ターミナルにあります。出国後・保安検査前のエリアです。

チャンギ空港第3ターミナルの出発ゲートで出国手続きを行い、出発エリアに入ります。左の方へ、ショップが並ぶエリアを歩きます。

右手にSilverKris Loungeの文字がでかでかと目に入ってきます。エスカレータで上の階に昇ります。

エスカレータで昇ったところにラウンジがあります。広い入り口で豪華な佇まいです。

シルバークリスラウンジはシンガポール航空の運営するラウンジです。2022年秋現在、第2ターミナルは閉鎖中のため、チャンギ空港唯一のシルバークリスラウンジです。

利用対象者
・ザ・プライベートルーム
スターアライアンスファーストクラス搭乗者本人(ファーストクラスで到着して乗り継ぐ方も含む)
・ファーストクラス用
スターアライアンスファーストクラス搭乗者とその同行者
シンガポール航空搭乗予定のソリティアPPSクラブ会員
・ビジネスクラス用
スターアライアンスビジネスクラス搭乗者とその同行者
シンガポール航空搭乗予定のPPSクラブ会員

PPSクラブはシンガポール航空の会員システムです(マイレージプログラムと少し違います)。PPSバリューを25,000獲得するとPPSクラブ会員、50,000でソリティアPPSクラブ会員です。

クリスフライヤーゴールドラウンジ

スターアライアンスゴールド会員では利用できません。スターアライアンスゴールド会員にはクリスフライヤーゴールドラウンジが用意されています。

今回訪問するのは、シルバークリスラウンジのビジネスクラス用エリアです。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

シルバークリスラウンジは出国後エリアにあるので、出発時間近くまで利用できます。ただし、チャンギ空港は搭乗ゲート直前に保安検査があるので、時間に余裕を持って利用しましょう

また、チャンギ空港にはEARLY CHECK-INというシステムがあり、本来のチェックイン時間より早くチェックインをして搭乗券を受け取ることができます。

2022年秋現在、コロナ禍の影響からか、多くの航空会社でEARLY CHECK-INを休止中です。シンガポール航空はEARLY CHECK-IN可能です。そのため、早い時間にシルバークリスラウンジの利用を希望するなら、シンガポール航空利用をお勧めします。

シルバークリスラウンジ ビジネスクラス用エリアのサービスは以下の通りです。

・ソフトドリンク
・アルコール
・ビュッフェフード

・シャワー
・無料WiFi
・トイレ

ラウンジのスペースはかなり広いです。ビジネスクラス用のエリアだけでも、端から端が見えないくらいです。

入室して右側のエリアはバーカウンターなどがあり静かで落ち着いたスペースです。こちらのエリアはフードプレゼンテーションが無いので、あまり人がいらっしゃいません。落ち着いて仕事をしたい方におすすめです。

各席にマルチプラグとUSB充電ポートが設けられています。

ドリンク類が収納された冷蔵庫があり、自由にいただけます。

バーカウンターがありますが、私の訪問時は運用時間外でした。バリスタサービスは6時から10時まで、バーテンダーサービスは17:30から25時までです。

ラウンジの入り口から入って左側のエリアです。コンシェルジュさんたちがいらっしゃるスぺースを抜けると、フードプレゼンテーションのあるエリアに来ます

こちらのエリアは多くの方が行き交っていてにぎやかです。

スイーツやフルーツ類、シリアル類、サンドイッチなどが置かれています。

さらに進むと、さまざまな料理が置かれています。ラクサや海老バーガーはその場でつくってくれます。ホットドリンクや紅茶などの提供は別のテーブルがあり、TWGのティーバッグもあります。

さらに奥にはアルコールやソフトドリンクが置かれています。

海老バーガーとパンプキンスープをいただきました。海老バーガーはボリュームがあります。

中華料理が充実していますが、洋食もいろいろあります。サンドイッチも種類が豊富です。

スイーツも充実しているので、たくさんいただいてみました。

混雑しているとはいえ、席数がかなり多いので、席の確保は問題ないと思います。こんなにビジネスクラス搭乗者がいるなんて、さすが世界のハブ空港ですね。スターアライアンス系だけこの人数ですよ。

スポンサーリンク


シャワールーム

こちらのラウンジのシャワールームは無料で利用できます。シャワールームは、正確な数はわかりませんが(15室らしい)、かなり多くの部屋が用意されています。

シャワールームを利用するには、受付のスタッフさんに声をかけて案内していただきます。利用客が多いので、混雑する時間帯はは待ち時間が発生するようです。

シャワールームはかなり広いです。アメニティやタオルは、入室前にセッティングされています。

歯ブラシ、クシ、カミソリ、マウスウォッシュなど、アメニティは至れり尽くせりです。ドライヤーもちゃんとあります。

シャワーブースと洗面スペースの間は完全に仕切られています。安心してシャワーができます。シャンプー(たぶんリンスイン)とボディーソープがボトルで用意されています。

トイレもありますが、使用毎にきちんと清掃されています。とても清潔で上品なシャワールームです。広くて使いやすく、言うことなしですね(ファーストクラス用はさらに上をいくらしいです)。

私が利用したのは15時前後ですが、シャワールームのほとんどが使用中でしたが、かろうじて利用可能でした。もう少し遅い時間帯だと待つ必要があったと思います。ラウンジ利用者がかなり多いので、シャワールームが多くても間に合っていない印象です。

スポンサーリンク


まとめ

シルバークリスラウンジは出国後エリアにあるので、出発時間直前まで利用できます。フード類の質が高めで、スイーツやサンドイッチの種類も豊富です。シャワールームも清潔で数が多いです。

さすが、シンガポール航空のハブ空港にある航空会社ラウンジですね。他のプライオリティ・パスの対象ラウンジと一線を画した、高いレベルのサービスを提供しています。比較してどちらを利用するかと言えば、シルバークリスラウンジ一択でしょう。

ただ、利用客が多すぎて、少しせわしない印象もあります。他のプライオリティ・パスの対象ラウンジの方が、利用客が少ない分、落ち着く方もいらっしゃるかもしれません。

シルバークリスラウンジには、さらに上のファーストクラスエリアとザ・プライベートルームがあります。利用するにはファーストクラスのフライトを予約する必要がありますが、(価格的に)私では手が出ないので、縁がなさそうです。

シンガポール航空のファーストクラスや多くのビジネスクラスはANAマイルの特典航空券では発券できません(同じアライアンスなのに・・・)。シンガポール航空のクリスフライヤーマイルでないとだめです。クリスフライヤーマイルは三井住友VISAカード(Vポイント)やアメリカンエクスプレスカードのポイントから交換可能です(私たちがフライトで貯めるのはむずかしいでしょうね)。私はあきらめています。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする