【空港ラウンジ体験記】香港空港 ザ・ピア(The Pier)ファーストクラスラウンジ<出国後エリア 第1ターミナル6階> キャセイパシフィックのフラッグシップラウンジ

はじめに

今回は、2023年年明けに訪問した香港空港 第1ターミナル 7階にあるラウンジ「ザ・ピア(The Pier)ファーストクラスラウンジ」を紹介させていただきます。国際線出国手続き後にあります。

私の国内空港・ラウンジ訪問記 一覧はこちら↓

私の海外空港・ラウンジ訪問記 一覧はこちら↓

スポンサーリンク


アクセスと入室基準

ザ・ピア(The Pier)ファーストクラスラウンジ 運営時間 05:30~0:30

ザ・ピアは、キャセイパシフィックの運営する航空会社ラウンジです。基本的にはキャセイパシフィックの飛行機に搭乗する方に対するサービスになります。キャセイパシフィックのハブ空港である香港空港にあるフラッグシップラウンジです。

香港空港国際線搭乗予定で、下記の条件に合致する方は利用可能です。

・キャセイパシフィックあるいはワンワールド所属航空会社のファーストクラスの乗客と同伴者1名
・ワンワールド・エメラルド会員のワンワールド便搭乗客と同伴者1名
・キャセイ・ダイヤモンド会員のワンワールド便搭乗客と同伴者2名

2歳未満は0名扱いになります。

香港空港はキャセイパシフィックのハブ空港なので、ラウンジは多種用意されています。

The Wing ファーストクラスラウンジ ゲート1~4付近7階
The Wing ビジネスクラスラウンジ ゲート1~4付近6階
The Pier ファーストクラスラウンジ ゲート61~63付近6階
The Pier ビジネスクラスラウンジ ゲート65付近6階

The Deck (ビジネスクラス用ラウンジ) ゲート6付近7階
※ゲート36付近にあったThe Bridgeは2020年ごろ正式に閉鎖しました。

今回紹介するのは、ファーストクラスやエメラルド会員のみが利用可能な「The Pier」です。

香港空港は第1ターミナル、第2ターミナルと2つのターミナルがありますが、LCC用の第2ターミナルはチェックインと出国審査のみの施設で、出発は第1ターミナルまで移動します。

第1ターミナルは、出国してすぐ目の前のゲート1~9のエリアと、ゲート40~71のサテライトエリア、その間をつなぐゲート10~36のエリアがあります。ほとんどの出発コンコース・ゲートは6階にあります。

The Pierファーストクラスラウンジはゲート63付近にあります。公式には6階と書かれていますが、メインフロア(6階)からエスカレータで下に降りた場所なので、正式には5階になります。The wingとちがい、見つけやすいです。

キャセイパシフィック航空便に搭乗する場合は、インビテーションカードが発行されます(写真は以前搭乗したときののもの)。レセプションでスタッフの方に手渡して入室します。

ちなみに、香港空港には以下のようなラウンジがあるそうです。

香港空港 国際線ターミナルのラウンジ(2023年秋)
●キャセイパシフィック航空のラウンジ
・The Wing ファーストクラスラウンジ ゲート1~4付近7階
・The Wing ビジネスクラスラウンジ ゲート1~4付近6階
・The Pier ファーストクラスラウンジ ゲート63付近6階
・The Pier ビジネスクラスラウンジ ゲート65付近6階
・The Deck (ビジネスクラス用ラウンジ) ゲート6付近7階
・The Bridge 2020年閉鎖
●その他の航空会社ラウンジ(一部クローズしています)
・ザ・カンタス香港ラウンジ(カンタス航空) ゲート5付近
・ロイヤルオーキッドラウンジ(タイ航空) ゲート40付近
・シルバークリスラウンジ(シンガポール航空) ゲート5付近6階
・シルバークリスラウンジファーストクラス ゲート5付近6階
・ユナイテッドクラブ(ユナイテッド航空) ゲート61付近7階
・CNAC VIP LOUNGE(エアチャイナ) ゲート25付近
・スカイチームラウンジ(共同ラウンジ) ゲート15付近
・Club Autus(香港航空) ゲート200番台付近
・ザ・エミレーツラウンジ ゲート40付近
●その他ラウンジ
・プラザプレミアムラウンジ ゲート1付近 ゲート35付近 ゲート60付近
・プラザプレミアムファースト ゲート1付近
●アメリカンエクスプレス
・ザ・センチュリオンラウンジ ゲート61付近
●プライオリティパス対象ラウンジ
・Chase Sapphire Lounge by the Club ゲート40付近
・レストラン「Putien」 イーストホール7階
・レストラン「Caviar House & Prunier」 イーストホール7階

※2023年6月6日よりPlaza Premium Lounge(第1ターミナル6階gate1付近)がプライオリティ・パスで利用可能になっています。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

ラウンジはいくつかの区画にわかれています。メインエリア以外に、ザ・バー、ザ・ビューロー、ザ・ダイニング、ザ・パントリー、ザ・リトリート(デイ・スイート、シャワースイート、マッサージサービス)などがあります。

以下のサービスが提供されています。

サービス一覧 席数不明
ソフトドリンク
バー(アルコール類)
ビュッフェフード
テーブルオーダーダイニング
無線LANサービス
トイレ
シャワールーム
マッサージサービス
個室リラックスルーム

メインエリア

メインエリア

ラウンジの中央にあるリラックスエリアです。

雑誌類が置かれたマガジンラックのスペースの奥にあります。

各席にUSB充電ポートやマルチプラグが設置されています。ザ・バー(バーエリア)やザ・パントリー(軽食ビュッフェ)からフード類を持ってくることができます。

ザ・バー(バーエリア)

受付から入って左側突き当りがバーエリアになっていて、カウンターバーがあります。メインエリアに繋がっています。

ザ・パントリー

軽食のビュッフェスタンドです。ザ・バーの隣にあるのですが、目立たないので初見だと見つけられないかもしれません。

スイーツ類が充実していますね。

バケット類。

スナック、フルーツ類。

チーズ類。

冷蔵庫の中にサラダ類が収納されています。そしてソフトドリンク類は缶ジュースの提供ですが種類が多いです。

ハム類も冷蔵庫にあります。瓶ビール類もあります。飲み物はザ・バーでもいただくことができます。

生ビールサーバー、ホットドリンクサーバーも用意されています。

こんな感じでスイーツ類を中心にいただいてみました。

ザ・ダイニング(フルーオーダーダイニング)

ラウンジに入って右に進んで突き当りが、フルオーダーダイニングエリアです。かなり席数が多く、余裕があります。ファーストクラスラウンジのフルオーダーダイニングエリアとしては屈指の広さを誇っています。

席に案内され、メニューを手渡されます。さまざまな料理が提供されています。

forest mushroom soupです。名前から西洋風マッシュルームスープを想像していたのですが、中華風スープでした。これはこれで、奥深い味わいでおいしいです。

和牛チーズバーガーです。お味は想像通り、私たちの舌にあいます。ボリュームがあってお腹いっぱいです。

パンナコッタをいただいて〆ました。このあとザ・パントリーでさらにスイーツを食べたんですけどね。

フラッグシップラウンジのダイニングだけあって、量も味もかなり満足できます。メニューも豊富です。

ザ・ビューロー(ビジネスエリア)

ラウンジ入り口付近に、パソコンを備えたビジネスエリアがあります。利用者はいらっしゃいませんでしたが、写真を撮り忘れました。プリンターなども備わっている、個室のようなビジネスデスクが6つくらい並んでいました。

ザ・リトリート(デイ・スイート、シャワースイート、マッサージサービス)

マッサージサービスは15分のマッサージ、デイ・スイートはリラックスできる個室を提供しています。マッサージもデイ・スイートも有限なので(デイ・スイートの個室は8室)、超人気サービスで予約しても待ち時間が発生して利用できるかどうかわかりません。

私はシャワーのみ利用させていただきました。シャワールームはそれほど順番待ちが発生しないようで、私が利用した際もすぐに利用可能でした。

シャワースイートと名がついていますが、そこまで広いわけではありません。The Wingのカバナには敵わないのはもちろん、成田空港で2023年に新規オープンしたキャセイパシフィックラウンジよりも一回り狭いかもしれません(成田よりアメニティは充実しています)。

シャワーブースは扉で仕切られています。

歯ブラシ、シャワーキャップ、綿棒などは用意されていますが、カミソリやクシは無いようです。

シャワーブース内は、天井固定とハンディタイプのシャワーが設置されています。アメニティはイギリスのブランド「バンフォード」です(コロナ禍以前と変わったようです)。

スポンサーリンク


まとめ

香港空港 第1ターミナル6階にあるラウンジ「ザ・ピア(The Pier)ファーストクラスラウンジ」を紹介させていただきました。キャセイパシフィック航空のフラッグシップラウンジで、ラウンジ内の各エリアで上質なサービスが提供されています。

キャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジは、メインターミナルにThe Wingもあります。

The Pierは0:30で運営時間が終了しますが、The Wingは最終便まで運営されます。深夜便利用の方はThe Wingの方をお勧めします。The Wingではオリジナルサービスとしてカバナやポットドリンクのサービスが、The Pierではデイ・スイートやマッサージサービスがあります。受けたいサービスに合わせて選択するのがいいと思います。混雑度はThe Wingの方が上なので、静かな時間を過ごしたいならThe Pierです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする