【空港ラウンジ体験記】バンコク・スワンナプーム空港(タイ)国際線コンコースG ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ(Miracle First Class Lounge) 航空会社のファーストクラス指定ラウンジにもなっている豪華なラウンジ

はじめに

コロナ禍もひと段落した2022年秋。ようやく海外旅行も再開できるようになり、私お得意の海外弾丸旅行を敢行しました。

今回は2022年秋に訪れた、今回は2022年秋に訪れた、バンコク・スワンナプーム空港(タイ)国際線コンコースGにあるラウンジ「ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ(Miracle First Class Lounge)」を紹介させていただきます。

スポンサーリンク


アクセスと入室基準

ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ(Miracle First Class Lounge)
運営時間 24時間(2022年秋)

ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ(Miracle First Class Lounge)はバンコク・スワンナプーム空港(タイ)国際線コンコースGにあります。出国後・保安検査後のエリアです。

トランジットホテルも運営しているMiracle Groupのラウンジです。

なお、スワンナプーム空港にはミラクルラウンジが複数あります。ミラクル・ビジネスクラス・ラウンジもあり、一言にミラクルラウンジといってもどれを指し示しているのかわかりにくいです。

バンコク・スワンナプーム空港のミラクルラウンジ
コンコースA 3階 A2付近 ファーストクラス シャワーあり
コンコースA 3階 A2付近 ビジネスクラス シャワーあり
コンコースC 3階 C1A付近 ビジネスクラス
コンコースD 3階 D4付近 ビジネスクラス シャワーあり
コンコースD 3階 D6付近 ファーストクラス シャワーあり
コンコースF 3階 F4付近 ビジネスクラス
コンコースG 3階 G1A付近 ファーストクラス(この記事のラウンジ)
コンコースG 3階 G2付近 ビジネスクラス シャワーあり
コンコースG 4階 G2付近 ファーストクラス シャワーあり(クローズ中)

今回紹介するのは、3階コンコースGに入ってすぐ(コンコースDとの境界となる十字路の角)のラウンジです。

国際線ターミナルの出国手続きを行い、右方向に進みます。出国後すぐは4階にいるので、どこかで3階に降りてまっすぐ進みます。

コンコースDからコンコースE・F・Gへ向かう十字路があるので右折してすぐ右手にあります。

ちなみに、バンコク・スワンナプーム空港には以下のようなラウンジがあるそうです。

バンコク・スワンナプーム空港 国際線ターミナルのラウンジ(2022年秋)
●ミラクルラウンジ(Miracle Lounge) コンコースA・C・D・F・G
本記事のラウンジ プライオリティ・パス対象
●ロイヤルオーキッドラウンジ(Royal Orchid Lounge) コンコースD・E
タイ航空ラウンジ コンコースEは閉鎖中
●ロイヤルシルクラウンジ(Royal Silk Lounge) コンコースD・E
タイ航空ラウンジ
●ビルーリボンクラブラウンジ(Blue Ribbon Club Lounge) コンコースD
バンコクエアウェイズラウンジ プライオリティ・パス対象(規制有り)
●シルバークリスラウンジ(SilverKris Lounge) コンコースD
シンガポール航空ラウンジ
●カタール航空プレミアムラウンジ(Qatar Airways Premium Lounge)
コンコースD ビジネスクラス以上搭乗者限定
●チャイナエアラインラウンジ(China Airline Lounge) コンコースD
●ターキッシュエアラインラウンジ(Turkish Airline Lounge) コンコースD
プライオリティ・パス対象
●サクララウンジ(Sakura Lounge) コンコースD JALラウンジ
●オマーン航空ラウンジ(Oman Air First & Business Class Lounge)
コンコースE プラウオリティ・パス対象
●エールフランスーKLMスカイラウンジ(Air France – KLM SkyLounge)
コンコースF エールフランスーKLMラウンジ プライオリティ・パス対象
●エバー航空ラウンジ(EVA AIR Lounge) コンコースF
●エミレーツラウンジ(Emirates Lounge) コンコースG
●キャセイパシフィックラウンジ(Cathay Pacific Lounge) コンコースG閉鎖中

バンコク・スワンナプーム空港はラウンジ天国として有名です。コンコースは多数ありますが、全ての国際線コンコースに歩いて向かうことができます。

ミラクルラウンジ利用対象者
航空会社より指定された方
プライオリティ・パスを所持している当日搭乗券がある方

プライオリティ・パスの場合、最長2時間までで、3歳未満は入室無料です。

エバー航空、ANA、フィンエアー、マレーシア航空、カンタス航空、カタール航空、スリランカ航空、中国国際航空、ベトナム航空、中国東方航空、大韓航空をはじめ、多くの航空会社のラウンジになっています。

さっそく中に入ってみましょう。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

ミラクル・ファーストクラス・ラウンジは出国後エリアにあるので、出発時間近くまで利用できます。

当ラウンジのサービスは以下の通りです。

・ソフトドリンク
・アルコール
・ビュッフェフード

・無料WiFi

ラウンジのスペースはまずまず広いです。プライオリティパス対象ラウンジのため利用対象者は多いですが、同じ空港内にミラクルラウンジの数も多いので内部は混雑していません。

フードはビュッフェ形式です。種類は多く、充実しています。

ソフトドリンク、アイスクリーム、フルーツ類もたくさん置かれています。スムージーもありました。

アルコール類も多数置かれています。

スープやヌードルのオーダー提供もありました。

チキンヌードルをいただきました。日本人の舌にも合う味付けです。

フードやデザートの充実度はサクララウンジよりこちらの方が上です。

こちらのラウンジにはシャワールームがありません。他のミラクルラウンジの中にはシャワールームがあるラウンジもあるので、状況に応じて使い分けましょう。

スポンサーリンク


まとめ

ミラクルラウンジは航空会社ラウンジではありませんが、サービスレベルは航空会社ラウンジの超えていると言われていて、プライオリティパス対象ラウンジの中でもトップレベルの高評価を得ています。

出国後エリアにあるので、出発時間直前まで利用できます。多国籍のさまざまなフード類が用意されていて、お食事を楽しめますし、アルコール類も自由にいただけます。同じ運営元のラウンジが多数あるため、ラウンジ内が混雑しないこともアドバンテージです。

本来利用予定のラウンジが混雑している場合は、こちらのラウンジを利用してみるのがいいと思います。実際、サクララウンジが混雑時に、JAL便搭乗予定者がミラクルラウンジに案内されることもあるそうです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする