【国内ホテル】ホテルニューオータニ東京 宿泊記

はじめに

海外旅行は弾丸なので宿泊すらしないわたくしのブログですが、今回は国内ホテルの宿泊記をアップさせていただきます。今回はホテルニューオータニ東京のガーデンタワーに宿泊しました。

今回は2018年夏に宿泊したホテル「ホテルニューオータニ東京」の模様をアップさせていただきます。50年以上の歴史があり、だれもが知っているこのホテルは、紀尾井町という一等地にあります。あ、有名すぎて解説はいらないですね。

スポンサーリンク


駅からホテルへ

今回はホテルニューオータニ東京に宿泊してきました。ニューオータニはいろいろなビジネスの舞台となります。私も何度か訪れたことがありますが、公共交通機関だけだと、荷物が多いときなど、たどり着くのが意外に大変です。

最寄の駅は、JR四谷駅(東京メトロ丸ノ内線・南北線)、東京メトロ麹町駅(有楽町線)、東京メトロ永田町駅・赤坂見附駅(銀座線・半蔵門線・丸の内線・南北線・有楽町線)になり、どの駅から向かってもほぼ同じ距離になります。ホテルの周りは坂のアップダウンが多いです。概ね徒歩5分~10分くらい。

赤坂見附駅から向かうのが最も近いですが、ガーデンタワー側の入り口を見逃し(慣れていない方は見逃しがちです)坂の上に位置する正面入り口に向かってしまうともう大変です。ガーデンタワー側から入っても、ザ・メインのフロントや会議室までは距離があります。赤坂見附駅・永田町駅の構内も広いため、時間と体力がかかります。ホテルのホームページのアクセス欄は鵜呑みにしてはいけません。東京駅や浜松町から向かう方はタクシーを使うことをお勧めします。

ホテルニューオータニにも会員制度があり、ニューオータニクラブと呼ばれています。専用のクレジットを発行することで会員になれますが、クレジットカードの年会費(1,250円~)が必要になります。私は会員ではないので、今回は何の優待もありません。とりあえず普通にチェックインになるのですが、なぜかクラブフロアにアサインされました。

ガーデンタワーとザ・メインの両方にフロントがありますが、どちらでもチェックインやチェックアウトができます。ただ、ガーデンタワーにはスタッフがいないことが多いので、ザ・メインを利用することが多いです。

スポンサーリンク


客室の様子(クラブフロア・ガーデンタワースタンダードダブル)

エレベーターに乗って、客室のフロアに向かいます。

ニューオータニクラブフロアと書かれていますね。お部屋に入っていきます。

クラブフロアですが、高層階ではありますが、部屋の内部が格段に広いというわけではありません。スタンダードルームですからね。27.3㎡と一番狭い部屋になっちゃいます。ビジネスホテルよりちょっと広いくらいです。

小さなデスクが用意されています。テレビ側にもデスクがあります。

ベッドはダブルベッド。まずまずの広さです。

洗面スペースはトイレと一体です。

バスルームは洗面スペースとカーテンで仕切られます。ユニットバスです。

洗面のアメニティです。ニューオータニのロゴ入りになります。

オムニサンス・パリのアメニティになります。ニューオータニでは共通のようです。

ミニバーの様子。右側の冷蔵庫には何か書かれていますね。

中のソフトドリンクは無料になるようです。ただ、私のように、クラブ会員でない者が宿泊するとどうなるんでしょうね。何の説明もなかったので、手を出していいものかどうか、ずっともやもやしながらにらめっこ状態です(笑)。こういうホテルの飲み物は高いですから、有料になると大変だしなあ(電話して確認すればいいのに・・・)。結局、手をつけませんでした。

ちなみに、中の飲み物はこんな感じでした。

窓の外の光景です。東京のど真ん中のビル街になります。都市センターホテル方面になります。右手はザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町が入っている東京ガーデンテラス紀尾井町ですね。

スポンサーリンク


朝食の様子(タワービュッフェ・トップ)

朝食は40階のタワービュッフェ(トップ)でいただきました。ハロウィーンのデコレートがされていますね。

朝食会場はいくつかの会場から選ぶことができます。料理の種類ではロビー階にあるSATSUKIの方が充実していると思います(「最強の朝食」らしいですから)。宿泊日によって、運営しているレストランや運営時間が異なります。

私はこちらの朝食会場が大好きです。元赤坂の迎賓館があるこの風景を眺めながら朝食が最高です(この景色の席は、オープン前の早い時間から並んでおかないとゲットできません)。

朝食会場はビュッフェ形式です。

残念ながら、こちらのレストランではエッグステーションはありません。

ごはんとみそ汁。

うどんなど和食類。

厚切りのフレンチトースト。

フレンチトーストはいくつか種類が用意されています。

パンの種類も豊富。

洋食類。

デザート類もいろいろあります。

食事はこんな感じになりました。和洋折衷ですね。

満足の朝食タイムです。

こちらのホテルは宿泊客がかなり多いので、朝食会場はつねに混雑していますし、入場の列ができます。オープン前から列ができていますが、早い時間から並んでいい席に案内していただくのがおすすめです。

スポンサーリンク


まとめ

今回は2018年秋に利用した、ホテルニューオータニ東京の宿泊記でした。なぜかクラブフロアに案内されました。こちらのホテルは朝食レストランの景色が最高です。料理の種類と質も素晴らしいので、また来たくなります。もう少し交通の便が良ければいうことが無いのですが。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする