【マリオットホテル】伊豆マリオットホテル修善寺 宿泊記(1)

はじめに

今回は2019年のゴールデンウィークに訪問した「伊豆マリオットホテル修善寺」の模様をアップさせていただきます。

海外旅行は弾丸なので宿泊すらしないわたくしのブログですが、マリオットの上級会員を取得している関係上、マリオット系ホテルの宿泊記が多くなってしまう今日この頃です。マリオットエリート特典に関してもアップさせていただきます。

スポンサーリンク


駅からホテルへ

今回は伊豆マリオットホテル修善寺に宿泊してきました。マリオット系ホテルの中核を担うホテルグループであるマリオット系列のホテルで、プレミアムのカテゴリーになります。マリオットグループ内のカテゴリーは2020年2月現在で5です(8段階で上から4番目)。

もともと森ビル系のラフォーレホテルがリブランドしてオープンしたホテルで、フランチャイズとして森トラスト・ホテルズ&リゾーツの運営になります。東京マリオットホテルやコートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーションなども同じく森ビル系の運営です。

その名の通り、伊豆の修善寺付近にありますが、修善寺の駅や観光地からは少し離れています。ホテルラフォーレ修善寺の隣に位置していて(経営も同じ)、住所は静岡県伊豆市になります。

伊豆箱根鉄道の終着駅である修善寺駅から、送迎バスで30分程度です。JR東京駅から特急踊り子が直通しているので、こちらを利用するのが便利です。東海道新幹線で三島駅乗り換えでもいいですが、三島駅に停車する新幹線が少ないのであまりお勧めできません。関西方面から行く場合は、三島駅乗り換えの一択ですね。

修善寺駅からの送迎バスは通常1時間に1本程度(時間帯によって2時間に1本)です。時刻表を十分確認しておく必要があります。

改札を出て左手、南口方面に進みます。

南口を出て、左手に進みます。

バスターミナルがあります。バス乗り場8から出発です。バスはホテルラフォーレと共用の運用になっていますので、「ラフォーレ」と書かれたバスが来る場合もあります(写真もラフォーレのバスです)。毎日運行していて、予約不要、無料です。

車で向かう場合、近くまで有料自動車道が延びていますから、道に迷う心配はありません。ただし、通常の高速道路とちがって、片道一車線で追い越し区間がほとんどないため、渋滞が発生しやすいです。時間に余裕を持って利用しましょう。

なお、伊豆マリオットホテル修善寺の登録されていないカーナビもあると思います(公式ホームページでもそう記載されています)。その場合は、隣にある「ホテルラフォーレ修善寺」で設定するといいようです。

ホテルが近づくと、やや細めでうねった坂道になります。山をのぼっていくんですね。やがて開けた場所に出ます。右手の方にマリオットホテル、左手方面にラフォーレや体育館などがあります。

マリオットの建物は3階建てです。1階でチェックインになります。今回は温泉露天風呂付デラックスルームキングを予約していましたが、温泉露天風呂付プレミアルームキングにアップグレードしていただけました。

チタンエリートということで、特典がつきます。

ウェルカムギフト
食べ物と飲み物(レストランで) or マリオットポイント(1,000)
ラウンジアクセス
本人と同伴者1名のみ 追加1名1泊につき1,500円
レイトチェックアウト
最大16時まで
レストラン利用割引
レストラン「グリル&ダイニングG」(朝食を除く)
WiFi無料

ウェルカムギフトはラウンジアクセスがあるのでマリオットポイントの1択ですね。ラウンジアクセスの同伴者制限は、他のマリオット系ホテルと比較しても厳しい方だと思います。

スポンサーリンク


お部屋の様子(温泉露天風呂付プレミアルームキング)

さて、アップグレードしていただいた温泉露天風呂付プレミアルームキングに入ります。

広さは49.4㎡で、スイートルームには及びませんが、このホテルではかなり広い方になります。大きなキングベッドがどんと置かれています。

正面にテレビがあります。

傍のテーブルの下にはお茶、コーヒーなどがあります。空っぽの冷蔵庫と金庫も置かれています。

テレビのとなりには荷物置き場です。

窓の外には露天風呂が見えています。

洗面スペースと、その向こう側にシャワーブースがあります。シャワーブースからさらに奥にバススペースです。

アメニティ類です。特にブランドというわけではありません。

シャワールームの奥にある露天風呂です。天気がよければ富士山が見えるという噂ですが、あいにくの曇天でした。視界が悪くて周囲の山々もはっきり見えませんでした。お部屋だけでも十分満足できそうですが、ホテル内の設備も楽しんでいきたいと思います。

ラウンジの様子

ということで、いつものラウンジ訪問です。プラチナ会員以上で、ラウンジを利用することができます。2階の多目的ルームが会員用ラウンジとして運用されていました。こちらのホテルにはクラブフロアがないので、ラウンジアクセス権があるのは、プラチナ以上の会員(とその同伴者)のみになります。

こちらのラウンジでは、以下のサービスが提供されています。

運営時間      11:00-22:00
ライトスナック   11:00-17:30
イブニングスナック 17:30-22:00

イブニングスナックはホットミールなどもあり、ある程度食事の代わりになります。イブニングバーの時間帯のみアルコール類が提供されます(私が訪れたときは、17時前でしたがアルコール類が置かれていました)。お部屋にはスタッフの方がいらっしゃらなかったです。朝食はラウンジではなく朝食会場になります。

ーイブニングスナックの時間帯のラウンジー

ラウンジマリオット系ホテルの会員用ラウンジは、それぞれのホテルで細かい運用がどうなっているか不明なところも多いです。たとえば、子供が利用可能かどうか、どれくらい料金が発生するのかなどが、常に疑問がついて回ります。

伊豆マリオットホテル修善寺は、プラチナ以上の会員の場合、ラウンジ利用はメンバー本人を含めて2人までで、3人目から1人3,500円のアクセス権がかかります。琵琶湖マリオットとは異なり、子供もラウンジ利用が有料です。

なお、マリオットの会員ならば(ランク関係なく)同伴の子供(小学生以下)は朝食が無料でいただけます(上記のような子供用カードが手渡されます)し、15時~17時の間にグリル&レストランGを訪れるとアイスクリームがいただけます。

スポンサーリンク


ライトスナック

オールデイスナックで提供されているのは、マフィンやクッキー、フルーツカクテル、チョコレートなどです。

コーヒーメーカーなど。

冷蔵庫にはドリンク類があります。ビールもあるよねえ・・・。

スパークリングワインも置かれていました。まだ17時前ですが。

フルーツやスナックなど、おやつにはいいかもしれませんが、食事の代わりにはなりませんね。カテゴリー5(のホテル)のラウンジサービスとしてはこんなものかもしれません。スパークリングワインまでいただけたのは〇です。

ライトスナックの時間帯は、ほとんど人がいませんでした。静かな空間でのんびりくつろぐことができました。

イブニングスナック

イブニングスナックの時間帯になると、アルコールの種類が一気に増えました。

ハムやパスタ、チップス類など、ライトスナックの時間帯に比べてフードが増えています。

バケットやピザ、そしてなぜかたこ焼きもあります。

冷蔵庫の中身やコーヒーメーカーなどはライトスナックの時間帯と一緒です。この時間帯のラウンジでは、マリオットの映像がプロジェクターで流れており、ムードがいいです。他に利用者はほとんどおらず、静かな時間を楽しむことができます。

スポンサーリンク


朝食

朝食はラウンジでの提供はありません。2階のGrill & Dining Gでいただくことができます。7:00~10:00の営業です。

同じ旧ラフォーレ系ホテルの南紀白浜マリオットと同じようなラインナップですが、修善寺そばを作っていただくことができます。エッグステーションもあり、オムレツの注文もできます。

修善寺そばのブースです。

駿河湾で有名なサクラエビ入りのオムレツです。見た目は普通ですね。

とろろもありました。奥に見えているのは、マスカットとグアバのスムージーです。

その他、さまざまな飲み物が用意されています。

パンやフルーツ、サラダも種類が豊富です。

フルーツとヨーグルト。私にとって朝食の〆の定番です。

スポンサーリンク


まとめ

今回は2019年秋に利用した、伊豆マリオットホテル修善寺の模様をラウンジを中心にアップさせていただきました。ラウンジサービスも充実していますが、他の館内施設も充実しています。

次回は、プールや周辺のスポットを中心にアップさせていただきます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする