【マリオットホテル】富士マリオットホテル山中湖 宿泊記(1)

はじめに

今回は2019年のゴールデンウィークに訪問した「富士マリオットホテル山中湖」の模様をアップさせていただきます。

海外旅行は弾丸なので宿泊すらしないわたくしのブログですが、マリオットの上級会員を取得している関係上、マリオット系ホテルの宿泊記が多くなってしまう今日この頃です。マリオットエリート特典に関してもアップさせていただきます。

スポンサーリンク


ホテルへのアクセス

今回は富士マリオットホテル山中湖に宿泊してきました。マリオット系ホテルの中核を担うホテルグループであるマリオット系列のホテルで、プレミアムのカテゴリーになります。マリオットグループ内のカテゴリーは2020年2月現在で5です(8段階で上から4番目)。

もともと森ビル系のラフォーレホテルがリブランドしてオープンしたホテルで、フランチャイズとして森トラスト・ホテルズ&リゾーツの運営になります。東京マリオットホテルやコートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーションなども同じく森ビル系の運営です。

その名の通り、富士山山麓にある富士五湖「山中湖」の近くに位置しています。とはいえ、山中湖やその湖畔の観光地から少し離れています。住所は山梨県山中湖村になります。

山中湖は有名な観光地ですが、公共交通機関を乗り継いでいくには少し不便です。一般的なルートはJR中央線と富士急行線を乗り継いで、富士山駅で路線バスに乗り換え、山中湖方面に向かいます。朝日丘のターミナルで下車して、ホテルの送迎バス(時間指定・要予約)にピックアップしてもらう方法です。

路線バスの本数が限られているのと、送迎バスへの乗り継ぎになるので、荷物を持っての移動は大変です。なお、御殿場方面からの路線バスもありますが、さらに本数が少なくなります。新宿から高速バスが出ていますので、こちらの方が利用しやすいでしょう。

観光も含めて、車の方が小回りが利いて便利です。ホテルから観光地まで離れていますからね。中央道経由だと山中湖まで自動車道で行けます。御殿場方面からだと一般道になるので少し走りにくいかもしれません。

ホテル周辺は木々が生い茂っています。ホテル自体も木々に囲まれたところにあります。山中湖周辺は盆地のようになっているので、坂道があるというわけではありません。

マリオットの建物は4階建てです。

1階でチェックインになります。今回は最も安いスーペリアルーム・ツインを予約していましたが、ご厚意で温泉付プレミアルームツインにアップグレードしていただけました。

チタン特典

チタンエリートということで、特典がつきます。

ウェルカムギフト
食べ物と飲み物(お部屋へ) or マリオットポイント(1,000)
朝食無料
ラウンジアクセス
本人と同伴者 17:00-22:00
レイトチェックアウト
最大16時まで
レストラン利用割引 20%
レストラン「グリル&ダイニングG」(朝食を除く)
WiFi無料

ウェルカムギフトはお部屋にもってきていただけるということで、食べ物を選んでみました(マリオットポイント1,000は333円相当なので、だいたいギフトの方がいいです)。

アイスクリームは1スクープぐらいと思っていたのですが、ハーゲンダッツの大きな入れ物で来ました。オレンジジュースもなんか高級そう。これは1,000ポイント以上の価値がありますね。

スポンサーリンク


お部屋の様子(温泉付プレミアルームツイン)

さて、アップグレードしていただいた温泉付プレミアルームツインに入ります。

広さは41.2㎡で、このホテルのお部屋では通常の大きさの部屋です。この部屋のうりは広さではありませんからね。

寝室の様子です。きれいにベッドメーキングされたツインベッドです。

ベッドの隣に温泉のバスルームが見えますね。

テレビとテーブルの様子。ベッドの正面です。

傍のテーブルの下にはお茶、コーヒーなどがあります。空っぽの冷蔵庫と金庫も置かれています。

テレビのとなりには荷物置き場兼クローゼットです。

その下には浴衣や温泉セットがあります。

洗面スペースと、トイレです。この間は開けっ放しになります。写真に向かって右手にバスルームがあります。

アメニティ類です。マリオットお約束のTHANNのアメニティも置かれています。

洗面スペースの奥にある温泉です。ヒノキ風呂のような雰囲気がいいですね。残念ながら窓際のバスルームではないのですが、寝室を通して外の景色を眺めることは可能です。

バスルーム内にはシャワーもあります。

窓の外は木が生い茂っていて、遠くまで景色を見渡せるという雰囲気ではありませんでした。さらに曇天で、薄暗いため、ちょっと残念な感じです。木々の高さが高いので、高層階でも外は木です(笑)。

天気がよければホテルから壮大な富士山が見えるというお話でしたが、あいにくの曇天でした。かろうじて、山麓を眺めることができます。さて、ホテル内の設備も楽しんでいきたいと思います。

ラウンジの様子

ということで、いつものラウンジ訪問です。プラチナ会員以上で、ラウンジを利用することができます。1階のレセプション横のお部屋2つが会員用ラウンジとして運用されていました。こちらのホテルにはクラブフロアがないので、ラウンジアクセス権があるのは、プラチナ以上の会員(とその同伴者)のみになります。

こちらのラウンジでは、以下のサービスが提供されています。

運営時間
カクテルタイムのみ 17:00-22:00

お部屋にはスタッフの方がいらっしゃらなかったです。朝食はラウンジではなく朝食会場になります。

ラウンジマリオット系ホテルの会員用ラウンジは、それぞれのホテルで細かい運用がどうなっているか不明なところも多いです。たとえば、子供が利用可能かどうか、どれくらい料金が発生するのかなどが、常に疑問がついて回ります。

富士マリオットホテル山中湖は、プラチナ以上の会員の場合、ラウンジ利用はメンバー本人を含めて2人までですが、子供のラウンジ利用は無料です。

なお、マリオットの会員ならば(ランク関係なく)同伴の子供(小学生以下)は朝食が無料でいただけます(上記のような子供用カードが手渡されます)し、15時~17時の間にレセプションを訪れるとアイスクリームがいただけます(さきほど、ハーゲンダッツ食べたばかりですけどね)。

スポンサーリンク


カクテルタイム

カクテルタイムで提供されているのは、フルーツカクテル以外はお酒のつまみ類になります。

スナック類もあります。子供受けしそうですね。

冷蔵庫にはドリンク類があります。ビールやワインもありますね。

コーヒーメーカーや各種カクテルもあります。

フルーツやスナックなど、おやつにはいいかもしれませんが、食事の代わりにはなりませんね。カテゴリー5(のホテル)のラウンジサービスとしてはこんなものかもしれません。ラウンジ内にはほとんど人がいらっしゃらなかったですが、隣がレセプションになるのでにぎやかな雰囲気でした。

スポンサーリンク


まとめ

今回は2019年秋に利用した、富士マリオットホテル山中湖の模様をラウンジを中心にアップさせていただきました。

次回は、朝食や周辺のスポットを中心にアップさせていただきます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする