【空港ラウンジ体験記】宮崎空港 ラウンジ大淀(2018年11月リニューアル)

はじめに

今回は宮崎空港にあるラウンジ大淀を紹介させていただきます。

2018年11月にリニューアルオープンしました。今回の記事は2022年春の記録です。ちなみに、改修以前の記録はこちら↓。

私の国内空港・ラウンジ訪問記 一覧はこちら↓

スポンサーリンク


入室基準

ラウンジ大淀 運営時間 6:50~最終便

ラウンジ大淀は宮崎空港が運営しています。「共用ラウンジ」と呼ばれ、JALとANAの両方の上級会員が利用することができます。

・JMBダイアモンド、JGCプレミア、JMBサファイア、JGC会員の方
・ANAダイアモンド、プラチナ、SFC会員の方
・ANAの国内線プレミアムクラスに搭乗予定
・ANA、JAL便名の国際線ファーストクラスやビジネスクラスに乗り継ぎ予定の方(一部を除く)

・ワンワールドエメラルド、サファイア会員
・スターアライアンスゴールド会員
・ANAプレミアムカード(プラチナ相当クレジットカード)所持者

同行者1名まで可能で、3歳未満は0名扱いになります。以前は会員以外が利用できるシステムはありませんでしたが、2022年現在、マイルを使用したりアップグレードポイントを使用した利用が可能になっています。

たとえば、ANAブロンズ会員でも1,000マイルか2アップグレードポイントを使えば利用できます(同行者1名まで2アップグレードポイントで利用可能)。あとは、ANAプレミアムカードを持っている方も利用できます。JALでも同様の会員向けサービス会員が実施されています。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

宮崎空港のラウンジ大淀は2018年11月に新装オープンしました。出発フロア7-8番搭乗口付近にあります。

自動ドアを抜けてすぐ右手に受付があります。以前あったトイレは無くなり、そのかわり席数を増やしたようです。

席数 61席
・新聞・雑誌閲覧
・無料WiFi
・ソフトドリンクコーナー
・アルコール
・おつまみ

右手に進むと、休憩する場所があります。

手前がビジネスゾーン、奥がリラックスゾーンとなっています。ビジネスゾーンのデスクには、通常コンセントとUSB充電ポートが設置されています。

ソフトドリンクのサーバーと生ビールサーバー(キリン一番搾り)。

ピッチャーでトマトジュースと野菜ジュースが用意されています。

ラウンジ大淀は、改修以前のころからアルコール類の種類が豊富です。

おつまみやキャンディなどもあります。

国内線ラウンジとしては平均的なサービス内容ですが、食事をしたい方はつらいかもしれません。

スポンサーリンク


まとめ

2018年11月にリニューアルされ、座席数が28席から61席に増えましたが、トイレが無くなったのは残念です。また、2020年以降はANAプレミアムクラス搭乗者や国際線ビジネスクラス以上の乗り継ぎ客も利用できるようになっています。主要空港ではないので、上級会員の数が少ないですが、JALとANAの両方の客が入ってくるので混雑することもあるようです。

目の前の8番ゲートはANA系のフライトが多いので、ANA系だと便利なことも(遠くなることもありますが)。JALは6番、9番がメインなので、ちょっと遠くなってしまいます。

空港運営ラウンジなので、ANAラウンジやサクララウンジと微妙に運営形態やルールが異なります。注意しましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする