【空港ラウンジ体験記】サンフランシスコ空港 国際線ターミナルG ユナイテッド・ポラリスラウンジ(United POLARIS lounge) ユナイテッド航空のフラッグシップラウンジ

はじめに

コロナ禍もひと段落した2022年秋。ようやく海外旅行も再開できるようになり、私お得意の海外弾丸旅行を敢行しました。

今回は2022年秋に訪れた、アメリカ・サンフランシスコ空港 国際線ターミナルGにあるユナイテッド航空の航空会社ラウンジ「ユナイテッド・ポラリスラウンジ(United POLARIS lounge)」を紹介させていただきます。

サンフランシスコ空港はユナイテッド航空のハブ空港であり、その空港にある上級ラウンジはフラッグシップラウンジといっていいでしょう。そのサービスを堪能してきました。

スポンサーリンク


アクセスと入室基準

ユナイテッド・ポラリスラウンジ(United POLARIS lounge)
運営時間 6:30~22:30(2022年秋)

ユナイテッド・ポラリスラウンジ(United POLARIS lounge)はアメリカ・サンフランシスコ空港ターミナルGにあります。出国後・保安検査後のエリアです。

フランシスコ空港ターミナルGの出発ゲートで出国審査と保安検査場を通過し、すぐ右手にあります。ラウンジの表記は目立たないので、そこにあると知らないと見つけるのに時間がかかるかもしれません。

ユナイテッド・ポラリスラウンジはユナイテッドの運営するラウンジです。

利用対象者
スターアライアンス航空会社の国際線ファーストクラス搭乗者とその同行者
スターアライアンス航空会社の国際線ビジネスクラス搭乗者本人
※カナダや中米などの近距離路線は除く

ユナイテッド航空の国際線にはファーストクラスがないので、ファーストクラス用ラウンジは存在しません。そのため、ビジネスクラス用ラウンジが最上級ラウンジになります。

最上級ラウンジですが、ANAダイヤモンド会員やスターアライアンスゴールド会員でも利用することができません。ユナイテッド航空はシンガポール航空と同様に搭乗クラスを優先しているようで、フリークエントフライヤー用ラウンジ「ユナイテッド・クラブ」は別にあります(ルフトハンザ航空だとフリークエントフライヤー会員ラウンジの方がランクが上になります)。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

ユナイテッド・ポラリスラウンジは出国後エリアにあるので、出発時間近くまで利用できます。ユナイテッド航空利用者は早々にチェックインできますが、ANAをはじめ、他の航空会社利用者は3時間前くらいからのチェックインになるので、滞在可能時間は限定的になります。

ユナイテッド・ポラリスラウンジのサービスは以下の通りです。

・ソフトドリンク
・アルコール
・バーカウンター
・ビュッフェフード
・フルサービスダイニング
・仮眠室(Quiet Suite)
・シャワー
・無料WiFi
・トイレ

ラウンジのスペースは2階建てで、かなり長細い構造です。

1階:ビュッフェフード バーカウンター フルサービスダイニング
2階:仮眠室 シャワールーム

2階の奥にフルサービスダイニングエリアがあり、その手前にビュッフェフードエリア、その手前がバーカウンターになります。これらのエリアは人が多く、混雑しています。

ターミナルGはスターアライアンス系の発着ターミナルなので、ビジネスクラス搭乗者がこちらのラウンジにみんな来られます。たくさん人がいらっしゃいますが、全員ビジネスクラス以上の搭乗者です。世の中には、お金持ちさんが多いんだと実感します(私は特典航空券の搭乗ですから・・・)。

他にも席があるエリアがあり、1階にもあります。これらのエリアには飲み物と少しフード類が用意されていますが、人は少ないです。食事になる料理が提供されていないためだと思われます。

ビュッフェフードエリアです。当たり前かもしれませんが、アメリカンな洋食がほとんどで、和食はお見かけしませんでした。フルサービスダイニングがあるので、ビーフなどの肉類の提供はありませんでした。

午前中の訪問だったからかもしれません。ちょこっといただきました。

混雑しているとはいえ、席数がかなり多いので、席の確保は問題ないと思います。こんなにビジネスクラス搭乗者がいるなんて、さすが世界的に有名なサンフランシスコのユナイテッド航空ハブ空港ですね。スターアライアンス系だけこの人数ですよ。

一番奥にフルサービスダイニングエリアがあります。私の訪問時は待ち時間がほとんどありませんでしたが、出発便が重なるとかなり混雑するようで、時間に余裕を持って利用しましょう。

オーダー形式でお食事をいただけます。11時までは朝食メニューになります。

チーズオムレツをいただきました。いただきました。RICOTTA TOASTも注文したのですが・・・注文が通っていなかったようです。英語力が無いからでしょうか(泣)、指差しして注文したんですけどね。時間が無かったので諦めました。

トイレも全て個室で、洗面台が付いています。アメニティはSUNDAY RILEYで、ユナイテッド航空のビジネスクラスアメニティにも採用されています。

スポンサーリンク


シャワールーム

こちらのラウンジのシャワールームは無料で利用できます。シャワールームは、正確な数はわかりませんが、かなり多くの部屋が用意されています。

シャワールームを利用するには、受付のスタッフさんに声をかけて、歯ブラシを手渡されて案内していただきます。1階の奥にあるので、存在に気が付かないかたもいらっしゃるかもしれません。仮眠室の受付も同じ場所になります。

シャワールームはかなり広いです。アメニティやタオルは、入室前にセッティングされています。こちらのアメニティもSUNDAY RILEYです。

シャワーは固定ノズル2箇所で、ハンドノズルはありません。シャワーブースと洗面スペースは完全に仕切ることができるので利用しやすいです。

クシ、カミソリ、ドライヤーなそのアメニティはありません。清潔なシャワールームですが、アメリカらしいシンプルなサービスです。

私が利用したのは10時前後ですが、シャワールームはガラガラで、余裕を持って利用できました。

スポンサーリンク


まとめ

ユナイテッド・ポラリスラウンジは出国後エリアにあるので、出発時間直前まで利用できます。ビジネスクラス以上のクラス搭乗客に限定されたラウンジですから、上品な雰囲気です。

ビジネスクラス用ラウンジでフルサービスダイニングを楽しめるのはとても魅力的ですが、混雑しがちなので早めに受付する必要があります。一方で、ビュッフェのフードの種類は限定的なので、いいものを食べたければやはりダイニングを利用する必要があります。ちょっと面倒かも。

ANA SUITE LOUNGEと比較しても同等かそれ以上のサービスと考えます。ビジネスクラス搭乗者が受けるサービスとしては他の航空会社と比較して最上級に位置するので、とてもありがたいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする