【空港ラウンジ体験記】成田国際空港第1ターミナル ANAアライバルラウンジ(国内線)

はじめに

世界一周旅行を終えて上級会員の資格を無事手に入れました。この資格でさまざまな空港ラウンジが体験できるようになります。空港ラウンジ体験記として、日本や世界のラウンジの様子をアップしていきたいと思います。

今回は東京成田空港第1ターミナルにあるANAアライバルラウンジ(国内線)を紹介させていただきます。ANAアライバルラウンジは、航空会社ラウンジとしては珍しく保安検査外にあります。今回、2019年に訪問したANAアライバルラウンジをご案内します。

スポンサーリンク


入室基準

ANAラウンジ運営時間 6:30~19:30

ANAアライバルラウンジは、ANAの運営する航空会社ラウンジです。基本的にはANAの飛行機に搭乗するプラチナ以上の会員に対するサービスになります。国内線出発ラウンジとしてだけでなく、国際線到着ラウンジとしても利用できます。だからアライバルラウンジという名前なんですね。

保安検査エリア外ですが、国内線の到着時には利用できません。1階の国内線チェックインカウンターの横にあります。ラウンジの傍らにあるエスカレーターを2階に昇ると、国内線の保安検査場に向かう廊下です。

・ANAの国内線プレミアムクラスに搭乗予定
・ANA運航の国際線ファーストクラスやビジネスクラスで到着の方
・ANA便名の国際線ファーストクラスやビジネスクラスで乗り継ぎ予定の方(一部を除く)
・ANAダイアモンド、ANAプラチナ、SFC会員の方(国内線出発及び国際線到着)
・スターアライアンスゴールド会員

同行者1名まで可能で、3歳未満は0名扱いになります(到着時に利用の場合は2歳未満が0名扱い)。また、国内線出発時に利用なら、ANAブロンズ会員でも1,000マイルか2アップグレードポイントを使えば利用できます(同行者1名まで2アップグレードポイントで利用可能)。あとは、国内線出発時利用なら、ANAプレミアムカードを持っている方も利用できます。こちらのラウンジは、会員以外が有料で利用できるシステムはありません。

ラウンジは1階保安検査前なので、国内線出発時に利用するなら時間に余裕を持って利用する必要があります。同じ成田空港でも、JALの国内線サクララウンジは保安検査内にあるので時間を気にする必要はありませんが、JALの場合は国際線到着時に利用することができません。このように、JALとANAでは微妙に運用上の違いがあります。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

羽田空港のANAラウンジの様子です。ANAラウンジは、どこの空港も内装がほぼ統一されています。私の訪問したのは2019年でした。

サービス内容としては以下のものがあります。

席数(公式HP非公表)
・軽食とソフトドリンク
・アルコール
・新聞、雑誌の閲覧
・電話
・FAX、コピー機
・喫煙スペース
・携帯電話通話スペース・充電サービス
・ブロードバンド無線LANサービス
・プリントサービス
・トイレ(多目的トイレあり
・シャワーブース(5ブース)

ANAラウンジのマークの傍らの自動ドアを通って受付に向かいます。搭乗券やICカードなどをかざすと、入室資格があれば入室できます(入室資格の上級会員になったばかりの場合、受付の方に手続きしてもらう必要があることもあります)。

ドリンク類のスペースです。もちろん生ビールサーバーもあります。

ソフトドリンク用のサーバーなど。

アルコールは焼酎、ウイスキーなどもあります。

こちらのラウンジは、国内線出発ラウンジとしては珍しく、フード類が提供されています。まずはサンドイッチ。

パン類。クロワッサンがおいしくておすすめです。

おにぎりも2種類あります。あと、おかき類も。

こんなかんじで一通りいただきました。朝食としては十分ですが、夕食には不足しているかもしれません。国際線の到着ラウンジだからこそのサービスです。

電源が用意されている席が多いです。ビジネスユースにはデスクの席がおすすめです。また、無料WiFiは利用可能です。シャワーブースが5ブースあります。JALの国内線サクララウンジは3ブースなので、ANAにアドバンテージがあります。

国内線ラウンジとしては平均以上のサービスが提供されています。朝から昼は利用客も少なく、広くて快適なラウンジですが、到着便が殺到する夕方は席の争奪になると思われます。

スポンサーリンク


まとめ

2019年現在、ANAラウンジは日本に12か所あります。成田空港のANAアライバルラウンジを加えると13か所ですね。羽田のANAラウンジで注意すべきことは、ANA以外の便名で搭乗する場合は、ANAやスターアライアンスのプラチナ以上の資格があっても利用できないことです。注意しましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする