【フライト記録】エア・ドゥ HKD-NGO ADO128便 B737-700 2022年

はじめに

コロナ禍も少し落ち着き、国内旅行が活性化しつつある2022年春。国内線フライトをこそこそ楽しんでいました。

日本国内のネットワークは、メジャー系のJAL、ANAがほとんどです。一方で、国内には、航空会社がたくさんあり、ローカルネットワークを形成しています。

今回はエアドゥにスポットをあててみようと思います。札幌市に本拠地を置く航空会社で、元の名称は北海道国際航空株式会社ですから、北海道をベースにしています。

札幌(千歳)がハブ空港になります。2022年現在、千歳ー羽田、中部、仙台、神戸、福岡と、北海道各地(女満別、釧路、旭川、帯広、函館)ー羽田便、函館ー中部便を就航しています(千歳ー福岡は2022年7月1日から期間限定)。全便北海道を発着するため、間違いなく北海道の翼です。ANAが大口株主で、全便ANAと共同運航便扱いになっています。

2022年10月から、宮崎市が本社のソラシドエアと経営統合する予定です。日本の南北でネットワークを相互補完する方向のようです。

函館空港のエアドゥ機

今回は2022年春に体験した、エア・ドゥADO128便(ANA4828便)函館発中部(セントレア)行きの搭乗記録です。

スポンサーリンク


函館空港から出発(空港サービス・機材)

エアドゥ(ADO)運行便は全てANAが共同運航として名を連ねています。ANA便で発券すると、ANAのサービスのほとんどを享受することができます。

エアドゥ運航便をANA発券した場合
・羽田空港出発便は第2ターミナルから出発
・ANAのスキップサービスは利用できる
・ANAのラウンジサービスが利用できる
・ANAの優先搭乗は利用可能

以前は機内にANAの機内雑誌「翼の王国」が搭載されていましたが、2021年以降の電子化に伴い、エアドゥの機内誌raporaのみ搭載されています。

私はANAのSFC会員なので、ADOに搭乗する際はANA側で購入しています。ADOで購入したほうがちょっと安い場合が多いけど、ANAの特典などを考えるとANAの方がメリットが大きいと考えています。

中部セントレア空港から搭乗予定のソラシドエア機がやってきました。薄曇りの函館空港です。函館空港の探検を終えて、保安検査場を通過します。

13時05分の出発予定です。今回の搭乗機はボーイングのB737-700です。ANAからリースしている機体らしいです。

ヘッドカバーはADO使用ですが、紺を基調として、ANAの内装器材そのままですね。ANAのボーイングのB737-700は2021年に全機退役しています。

シートピッチはおそらくANA時代と同じ79cmですから、最近のJALやANAの国内線平均くらいでしょうか。USB用の充電ポートや機内WiFiは用意されていません。

窓の外には、エアドゥのキャラクター「ベアドゥ」です。

窓側の席を確保していたのですが、子供さん連れで席の交換を強く希望されたご家族さんが直接交渉に来られて(週末の家族連れが多いフライトで、とても断れる雰囲気では無く・・・)、席が通路側になってしまいました(泣)。

一般的に多くの航空会社で席の移動は禁止です。機体のバランスの問題や、人気席との交換はトラブルの元になることもあります。LCCなどでは、席によって予約料金も違います。
飛行機慣れされていない方のようで、私は空気を読んでOKしてしまいましたが、席の移動を依頼するのも引き受けるのも、基本的にはダメと考えましょう。私も小さな子供がいるので気持ちはわかるのですが、このような交渉は持ちかけたこともありません。

さあ、名古屋に向かって出発です。

スポンサーリンク


離陸から中部セントレア空港へ(機内サービス)

さて、窓の外を楽しむことができなくなったので、もう機内サービスぐらいしか楽しみがありません。

では、ホットコーヒー、オニオンスープ、お水、お茶、リンゴジュースなどが提供されます。

白いカップで、裏側にはベアドゥが描かれています。私はスープをいただきました。

函館空港から中部セントレア空港まで1時間45分くらいです。WiFiも使えないので位置状況もわかりませんし、通路側なので窓の外が見えず、外の様子もわかりません。

着陸態勢に入る前くらいに、エアドゥのCAさんからメッセージとキャンディをいただきました。席の交換の御礼でした。今回の件はCAさんは無関係なので、メッセージでちょっと傷心が癒えた感じ、感謝です。

ほぼ予定通り中部セントレア空港に着陸。愛知県は雨でした。

セントレア空港に来たので、せっかくですから、プライオリティ・パス特典を楽しみに行ってきました(というか、関西人がわざわざセントレアを利用したのは、この体験のためです(笑))。2021年から、セントレアのレストランでプライオリティ・パスを使えるようになっています。

スポンサーリンク


まとめ

2022年春に搭乗したエアドゥの記録でした。私は関西在住なですが、伊丹空港や関西空港利用がほとんどなので、エアドゥ路線が無く、今回は初エアドゥでした。

最近のマイブーム今週のトクたびマイルでは、エアドゥ便が対象になることもあり、北海道への足としておすすめですね。正規料金4.8万円くらいする神戸ー札幌間が、片道わずか3,000~4,500マイルで搭乗できます。特に、直前予約できれば、安近短旅行として最適ですね(近ではないかも)。

ANAマイルは2022年4月以降も有効期限延長が発表されました。2023年3月末までに使い切るつもりでどんどん利用したいところです。

エアドゥは、ANA便とサービス比較して遜色はないと思います(優れているとも言えませんが)。今後、ソラシドエアとの経営統合が進むようですから、その中でどう変わっていくかが注目ですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする