【マリオットホテル】シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 宿泊記(1)

はじめに

海外旅行は弾丸なので宿泊すらしないわたくしのブログですが、今回は国内ホテルの宿泊記をアップさせていただきます。マリオットの上級会員を取得している関係上、マリオット系ホテルの宿泊記が多くなってしまう今日この頃です。

今回は2018年夏に宿泊したホテル「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」の模様をアップさせていただきます。

スポンサーリンク


空港からホテルへ

今回はシェラトン沖縄サンマリーナリゾートに宿泊してきました。マリオット系ホテルの中核を担うホテルグループであるシェラトン系列のホテルで、プレミアムのカテゴリーに分類されます。その中でもリゾートタイプのホテルになり、マリオットグループ内のカテゴリーは2020年2月現在で6です(8段階で上から3番目)。2020年3月以降は7にランクアップします。

その名の通り、沖縄にあります。関西・伊丹からは、ANA、JAL、JTA(JAL系列)、神戸からソラシドエア、スカイマーク、LCC(関西)ではピーチやジェットスタージャパンが就航しています。

こちらのホテルは沖縄本島北部の恩納村に位置しています。一番楽なアクセス方法はレンタカーでしょう。沖縄空港から沖縄自動車道経由(石川インターで出る)で60分程度になります。沖縄自動車道は高速道路ではなく自動車専用道路という位置づけらしいので、東名や名神高速のつもりで飛ばしていると、簡単にスピード違反になってしまいます。注意しましょう。

車がダメな方は路線バスになりますが、泣きたくなるほど時間がかかります。片道2時間近くかかり、覚悟をもって乗る必要があります。子供連れだと厳しいですね。バスの本数もそれほど多いわけではありません。なにより沖縄では、車がないとホテルに閉じこもるしかないので、行動の自由度が低くなります。

最近はエアポートシャトルバスというバスがあるようで、サンマリーナビーチ前下車になります。路線バスよりは早くホテルに着きますから、時間が合うならこちらの方がおすすめです。

今回私はレンタカーを選択。最近の沖縄は、レンタカーを借りるのに1時間以上かかります。海外からの旅行客が多いからでしょうね。飛行機を降りてからホテルまで3時間以上はみておく必要があります。

ホテルに入ります。写真はすこし暗く映っていますが、もう少し明るい感じです。チェックイン客はひっきりなしにくるので、チェックインの列は長くなりがちです。

私は当時、プラチナエリート会員でした。エリート用優先受付もあり、そちらの列はだれも並んでいなかったので使わせていただきました。

このホテルは、メインタワーとサウスタワーがあります。サウスタワーは最近できた新棟で、他のホテルではクラブフロアみたいな扱いになっています。

サウスタワー特典
・リゾートパスを無料
・ミニバーを無料(ドリンクはご到着日に用意分)
・ハッピーアワードリンク飲み放題をサンセットバー&テラスにて(17時~18時)
・朝食をランチへ無料で変更可能
・サウスタワー1Fのラウンジにてソフトドリンクフリー
・駐車場ご利用が無料

チェックイン時にアップグレードのオファーがありました。もともと一番安い部屋の予約を入れていたので、どこの部屋になっても悪くなることはありません。

サウスタワーなら低層階、メインタワーなら、部屋の準備ができるまでチェックインを待てばオーシャンメゾネットを用意していただけるとのことでした。サウスタワーのサービスも惹かれますが、オーシャンメゾネットの客室は高層階で広いそうです(このときはまだ手持ちの情報は無し)。

「お部屋の準備ができるまで、別のお部屋を用意させていただきます」とうれしい提案でした。とういことで、オーシャンメゾネットにお世話になることにしました。

スポンサーリンク


お部屋の様子

まずは正式にチェックインする前に、休憩用にアサインされたお部屋に入ります。2階の一番奥の部屋でした。おそらくパーシャルツインと呼ばれる客室です。

パーシャルツインのお部屋

ツインベッドルームです。

ベランダがあります。真正面には海は見えませんが、ベランダの端までいくと視界に海が入ります。パーシャルビューですから、こんなものでしょう。

バスルームと洗面の様子です。

とりあえずこちらの部屋でゆっくりさせていただきました。この後、オーシャンメゾネットに移ります。

オーシャンメゾネットのお部屋

オーシャンメゾネット9階のお部屋になります。メゾネットタイプなので、お部屋の中に2階があります。1階部分の広さは、先ほどのパーシャルツインと同じだと思いますが、2階があるので広々と感じられます。

らせん階段を昇ると、メゾネットスペースがあります。十分な高さがあるので、頭がつかえることはありません。テレビもあって、広々としています。

洗面台とトイレの様子。

アメニティはこんな感じ。

バスルームはきちんと洗面台と仕切られています。

入り口わきには、荷物や服を置くスペースと金庫が設置されています。クローゼットスペースに扉はありません。

テレビの脇にはコーヒーなどが置かれています。

テーブルの上にはお菓子が用意されていました。同じくテーブルの上に、プラチナ会員特典の説明用紙が。

プラチナ会員特典
・朝食無料(7時~10時)
・ハッピーアワードリンク(無料)をサンセットバー&テラスにて(17時~18時)
・滞在中駐車場無料
・リゾートパス無料

サウスタワーの特典と一部重複していますね。こちらのホテルにはクラブラウンジがありませんから、ラウンジ特典はなく、その代わりハッピーアワードリンクサービスがあります。

さて、ベランダに出てみましょうか。

オーシャンビューですね。プールやビーチを見下ろすことができます。

夕陽に映えるビーチサイドです。リゾート感満点ですね。いい部屋に泊めてもらえました。

スポンサーリンク


プールとサンマリーナビーチ

メインタワーの北側に「ウェルネス&スパ ぬちぐすい」と呼ばれる建物の中は、インドアプール、大浴場、家族風呂、フィットネスがあります。また、更衣室(シャワー設備もあります)があるので、ここで着替えてからアクティビティに向かうこともできます。更衣室なら宿泊者は自由に使えますが、インドアプールに入るには「リゾートパス」が必要です。

リゾートパスを購入すると、インドアプール、大浴場、サウナ、ビーチのパラソルとチェアレンタル・レンタルカヤック、ペダルボート、ミニゴルフ、テニス、バスケットボールが滞在中無料になります。サウスタワー宿泊者やマリオット上級会員ならリゾートパスが無料で付帯します。

インドアプール

1階にはインドアプールがあります。ジャグジーもついていますし、棒状の浮き具も自由に使えます。

宿泊客は屋外プールを自由に使えますが、屋内プールはリゾートパスが必要です。そして入るには、リゾートパスを購入した方のルームキーをかざす必要があります。それを知らずに、自動ドアの前で戸惑っている方をよく見かけます。

子供用に小さな滑り台とプールがあります。1歳児でも立てる深さですが、当然保護者の見守りが必要です。

夏季は屋外プールの方が圧倒的に人気です。屋外プールはイモ洗い状態ではありませんが、それなりに人が多いです。一方で屋内プールはがらがらになります。

私は日焼けがいやだったので、こちらのプールを愛用していました。人も少ないので快適です。

ガーデンプール

ガーデンプールです。一部区画は水深30㎝程度の子供用になっています。プールサイドは柵で囲われていて、入る際にはルームキーを確認の上で、タオルを借りることができます。プールサイドのパラソル+チェアは早い者勝ちになりますので、朝早くからきている方が使用しています。夕方になるとちらほら空きもでますが、ほとんど1日中使用中の状態です。

ビーチが近いのでビーチに行っている方も多く、プールが人だらけということはありません。屋内プールよりは人出が多いですが、混雑している印象はありませんでした。こちらのプールはスライダーの出口にもなっています。

ウォータースライダー

ウォータースライダーは宿泊客は自由に使えます。ザ・トルネードは手前の赤いスライダーで3階から滑ります。ザ・ツイスターは奥の水色のスライダーで、2階から滑り降ります。いずれも身長120cm以上の方が体験できます。

スライダーの列はそれほど多くありません。待つのにストレスを感じるほどではないと思います。

メガジップ&ゴーフォール

屋外プールのスライダーのそばにあるアクティビティです。メガジップはワイヤーから吊るされた装具を身に着けて、海を見下ろして空中を滑走します。ゴーフォールはフリーフォール(ではないのですが)のようなアクティビティです。両方とも有料で、リゾートパスも使えません。

お値段がはりますので(高いところが怖いので)、私は遠慮させていただきました。

サンマリーナビーチ

青い空に映える海が広がっています。入り江になっているようで、波はほとんどありません。

かなりの透明度で、どこまで行っても砂浜を見ることができます。ゴーグルや浮き輪等は使用できますが、シュノーケルは使用不可のようです。

ビーチサイドにはパラソルやチェアが用意されています。レンタルは有料になりますが、リゾートパスがあれば無料でレンタルできるようです。

その他のマリンアクティビティ

屋外プールの脇ではさまざまなマリンアクティビティが受付されています。カヤック、ダイビング、ペダルボート、パラセイリング、バナナボート、シュノーケルなどが体験可能です。

ビーチサイドでは、子供用の遊び場がありました。こちらも有料になります。

スポンサーリンク


まとめ

今回は2018年夏に利用した、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの客室やプールの様子をアップさせていただきました。まさにリゾートホテルといった印象で、のんびり景色を見てくつろぐことができます。次回はレストランの様子をアップさせていただきます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする