【ヒルトンホテル】コンラッド東京 宿泊記(2)

はじめに

今回は2021年冬に宿泊したホテル「コンラッド東京」の模様をアップさせていただきます。

前回の記事で客室の様子をアップさせていただきましたが、今回はその続きになります。エグゼクティブラウンジやプールなどを紹介させていただきます。

スポンサーリンク


エグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジは37階にあります。私の訪問時は、コロナ禍の影響で運用時間が制限されていました。

シティービュー側のラウンジです。チェックイン・チェックアウトもしていただけます(写真右のカウンターにて)。フード類はこちらで提供されます。

廊下を挟んで反対側にもラウンジがあります。

こちらではベイビューが楽しめます。

レインボーブリッジ方面も見渡せます。竹芝のメムズ東京(マリオット系ホテル)も見下ろせます。

エグゼクティブラウンジを利用できるのは、下記の方々です。

エグゼクティブフロアの利用者
ヒルトンオーナーズ ダイヤモンド会員

エグゼクティブラウンジサービスは以下の通りです。

運営時間(2021.冬 コロナ禍のため通常と変更)
日曜日 7:00~21:00 その他 12:00~21:00
朝食<セリーズにて> 7:00~10:30
日曜日のみラウンジで7:00~10:30
アフタヌーンティー 15:00~17:00
イブニングサービス 18:00~20:00

平日の朝食は、28階の客室に向かうエレベーター横にあるレストラン「オールデイダイニング・セリーズ」で提供されます。席数が36席しかないので、9時前後は混雑するようです。ヒルトンオーナーズのゴールド・ダイヤモンド会員は朝食が無料です。

朝食(7:00-10:30)

エグゼクティブラウンジの朝食はビュッフェ形式です。席に案内していただき、エッグステーションでの注文を訊いていただき、席まで持ってきていただけました。

エッグステーションメニュー
プレーンオムレツ
ロブルターオムレツ
ホワイトオムレツ
ハムと茸のエッグベネディクト
スクランブル豆腐
目玉焼き

28階セリーズの方がメニューは充実しているようですが、高層階からの眺めと混雑度はラウンジの方がいいようです。

ロブスターオムレツをいただきました。ロブスターもまずまず食べ応えのある量です。ロブスターを無料でいただけるなんて、エグゼクティブラウンジサービスは最高ですね。

和食です。カツオのたたきかな、お魚も充実です。

パン、ヨーグルト、フルーツもあります。朝はスイーツはありませんでした。

冬の遅い朝日を眺めながらの朝食はすがすがしくて気持ちいいです。朝一番で入室したので混雑していませんでしたが、9時前後はかなり混みあうようです。

アフタヌーンティー(15:00-17:00)

アフタヌーンティーの様子です。コーヒー類は席まで持ってきていただけました。フードや他の飲み物はビュッフェ形式です。

席に案内されるまで少し待ちました。かなり混雑していましたね。

食べ物は、写真で上げさせてもらったものでほぼ全てです。もう少し種類があればうれしいですが、無理は言えないです。順番を待っている方もいらっしゃったので、早々に退散しました。

イブニングサービス(18:00-20:00)

イブニングサービスは、訪問時間をチェックイン時に予約する必要がありました。それでも入室まで少し待ち時間が必要でしたね。ほぼ満室の日ですから仕方ないのかもしれません。

イブニングサービスもビュッフェ形式です。フード類は写真のものでほぼ全部ですね。サラダ類は写真のほかにももう少し種類がありました。夕食の代用としては少し物足りないかもしれませんが、小食の方なら十分だと思います。

イブニングサービスの時間帯アルコール提供もされています。写真にはありませんが、ワインをはじめ、さまざまな種類のアルコール類が充実していました。

スポンサーリンク


水月スパ&フィットネス

29階にフィットネスとスパ施設「水月スパ&フィットネス」があります。宿泊客はフィットネス(プール、ジム、ジェットバス、サウナ)を無料で利用できます。

営業時間 ※2021年冬は、コロナ禍の影響で21:00まで
6:00~22:00(子供は19:00まで)
※ジムは24時間営業 16歳以上のみ利用可能
※プールは4歳以上のみ利用可能

受付を済まして、スリッパに履き替えて中に進みます。客室のスリッパで来てもいいとのことで、スリッパできた場合は履き替え不要です。夜間はスタッフ不在で更衣室も利用できないので、お部屋で着替えてきましょう。

更衣室・ジェットバス・サウナ

更衣室とても広く、テンキー式のロッカーが用意されています。歯ブラシ、カミソリ、クシ、綿棒、コットン、女性は資生堂、男性はSHUNブランドのソープ類が用意されています。タオル、脱水機も用意されています。

ジェットバスは更衣室から入れます。シャワーブースやサウナが用意されています(さすがに写真はありません)。

ガウンがあるので、水着の上からガウンを羽織って、更衣室を出てプールに向かいます。

プール

さあ、プールに向かいましょう。

入ってすぐ、階段があるので降りていきます。プールが見えていますね。プールサイドにはベッドが並んでいます。

プールは25m。汐留の街中を見下ろせるプールです。ライフセーバーはいらっしゃいませんし、スタッフは常駐していません。

ウォーターサーバーが用意されています。ビート板などの浮き具も自由に利用できます。

また、タオル類、スイミングキャップも用意されています。スイミングキャップの着用は必須ですが、無料で貸し出しされています。

高級ホテルのプールらしく、上品で静かな雰囲気です。プールサイドでゆっくりと読書するのもありかもしれません。

ジム

ジムは24時間営業です。スタッフは常駐していません。深夜は更衣室を利用できないので、客室で着替えてから来ましょう。

ひととおりの器具は揃っています。数も多いので混雑することは無さそうです。

ミネラルウォーターやタオル、なぜかヘッドホンが用意されています。ヘッドホンをしながらランニングマシンを利用できるようです。

スポンサーリンク


まとめ

今回は2021年冬に宿泊したコンラッド東京の宿泊記でした。東京のビジネス街が立ち並ぶ新橋・汐留地区にあります。高級ホテルグループで立地がいいため、宿泊料金も高めに設定されています。

観光よりホテルステイを楽しむのがいいと思いますし、ラウンジサービスを利用できる方が楽しめます。そのためにエグゼクティブルームを予約するのはありだと思います(私はダイヤモンド会員特典でエグゼクティブラウンジを利用しました)。コロナ禍の影響でエグゼクティブラウンジサービスなどに制限がありますが、それでもさすがはコンラッドですよ。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする