【マリオットホテル】コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション 宿泊記(1)

はじめに

海外旅行は弾丸なので宿泊すらしないわたくしのブログですが、今回は国内ホテルの宿泊記をアップさせていただきます。マリオットの上級会員を取得している関係上、マリオット系ホテルの宿泊記が多くなってしまう今日この頃です。

2019年秋に宿泊したホテル「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション」の模様をアップさせていただきます。

スポンサーリンク


駅からホテルへ

今回は東京マリオットホテルに宿泊してきました。マリオットグループの中でエコノミー価格を設定しているセレクトのカテゴリーになります。もともと森ビル系のラフォーレホテルがリブランドしてオープンしたホテルで、フランチャイズとして森トラスト・ホテルズ&リゾーツの運営になります。マリオットグループにおけるカテゴリーは2020年2月現在で5になります(8段階で上から4番目)。

その名の通り、新大阪にあります。それも、新幹線停車駅である新大阪駅の真横です。交通の便はかなりいいですが、観光地や商業地からは少し離れています。

新幹線の中央口から改札を出て右を向き、北口8を目指します。新大阪駅3階のフロアです。在来線ホームや地下鉄御堂筋線のホームからここまでは、徒歩5分ぐらいかかります。

ちなみに、中央口の改札を出てすぐにセブンイレブンがあります。ホテルから最も近いコンビニになるので、必要なものは買ってからホテルに向かいましょう(JR西日本管内のKioskはセブンイレブンに運営移管されています)。

北口の向こう側は、阪急ビルとつながっています。阪急ビルに入って突き当りを左折すると、右手にエスカレータ、正面にマクドナルドが見えます。マクドナルドの方に向かって歩き、マクドナルド前の通路を右に折れて、建物の外に出ます。

出た場所は高架歩道橋になっています。建物の目の前正面に「コートヤード・マリオット」の看板が見えますね。このビルに向かって歩道橋を歩いていきます(写真で見るより大回りになります)。

ホテルの入り口に到着します。この入り口から入ると、フロントのあるロビー階になります。一階は駐車場階です。

入って左を向くと、フロントになります。こじんまりとしたロビーで、少しでも人がいるとにぎやかに感じます。写真の右手前に見えてる場所には、ふだんはコンシェルジュさんがいらっしゃいます。また、写真とは逆方向(入り口から入って右側)には、朝食会場となるLAVAROCKがあります。

さてチェックインです。私が予約したのは、最も安い「コートヤードルームキング」です。チタンエリートの会員資格とホテルの御好意により「デラックスルーム エグゼクティブフロア キング」にアップグレードしていただけました。この部屋より上は、スイート3室しかありませんから、これ以上を望むのは野暮というものですね。

こちらのホテルで、プラチナ以上の会員での特別サービスは、朝食無料とラウンジアクセス権以外に目立ったものはありません(それで十分といえば十分ですが)。

スポンサーリンク


お部屋の様子 デラックスルーム エグゼクティブフロア キング

さてお部屋に入ります。エグゼクティブフロアは17階あるいは18階になります。ただし、部屋の広さは30㎡で、スタンダードフロアの部屋と広さの変わりはありません。重厚感のある色調を使用しています。

スタンダードフロアだけでなく、エグゼクティブフロアもエレベータで出入り自由です。エレベータのセキュリティはありません。

部屋に入ってまっすぐ進むと、ベッドルームです。ベッドの正面にテレビがあります。

枕元には、室内の電気系コントロールが集約されています。また、時計も置かれています。コンセントも設置されています。USBはないので、スマートホンの充電はコンセントからする必要があります。

テーブルに無料のボトルウォーターと、ちょっとしたお菓子が置かれていました。

コーヒーメーカーやポットもあります。また、冷蔵庫には飲み物が入っていますが、もちろん有料です(料金はホテルとしてはかなり良心的な価格帯でした)。冷蔵庫のスペースは広めなので、持ち込みの飲み物を入れておくことは可能です。

入り口脇のクローゼットには、金庫やスリッパなどが置かれていました。

洗面スペースとトイレは一体です。同じスペースにバスのあります。

アメニティは一通りそろっています。バスソルトやバンドエイドまで、細かい気配りが感じられます。

バスルームはカーテンで仕切るのではなく、ガラススクリーンで仕切られています。見てのとおり左側は常にオープンの状態です。

お部屋は特別広い印象はありませんが、窮屈感はないですし、必要なものは一通りそろっています。ホテルの目の前に交通量の多い新御堂筋が走っており、駅前で新幹線の行き来も多いため、乗り物の音はよく聞こえます。人によっては騒音に感じてしまうかもしれませんが、私には全く気になりませんでした。

スポンサーリンク


フィットネスセンター(ジム)

ジム(フィットネスセンター)は、客室に向かうエレベータでは行けません。ロビー階でレストラン「LAVAROCK」の左側脇にある通路を進み、別のエレベータに乗ります。ロビーから1階に降ります。

1階でエレベータから降りたら、目の前にフィットネスセンターの入り口があります。ルームキーをかざすと中に入れます。1階にはフィットネスセンター以外は駐車場しか施設がありません。

フィットネスセンターに入ってすぐの光景です。こじんまりしているのかと思いきや、比較的広く、奥へ続いています。トレーニングウェアに着替える場所や、トイレはありません。また、スタッフはいらっしゃいません。週末の利用だったのですが、ジムはあまり利用されていない雰囲気です。

トレーニングマシーンは5台並んでいます。このクラスのホテルとしては充実していると思いますが、マシンにテレビがついていないのが欠点と言えます(大きなテレビは1台ありますが、マシン利用者には見えません)。

一番奥には、ウェイトの機械があります。

タオルとウォーターサーバーは用意されていました。

スポンサーリンク


まとめ

今回は2019年秋に利用した、コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーションの様子をアップさせていただきました。大阪の交通の要衝である新大阪駅の目の前です。交通の便はいいですが、利便性ではグランヴィア大阪やインターコンチネンタル大阪、あるいはウェスティンホテル大阪などの方が優れていると思われますが、ホテルの価格帯としてはこちらの方がコストパフォーマンスがいいです。大阪出張にお勧めです。

次回は、エグゼクティブラウンジと朝食会場についてアップさせていただきます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする