【マリオットホテル】モクシー京都二条 宿泊記

はじめに

コロナ禍は落ち着いてきましたが、まだまだ海外旅行はハードルが高い昨今です。今回も国内宿泊記です。2021年秋に宿泊したホテル「モクシー京都二条」の模様をアップさせていただきます。

スポンサーリンク


駅からホテルへ

今回はモクシー京都二条に宿泊してきました。マリオット系ホテルの中で、若者をターゲットとしているモクシ―系列のホテルになり、リーズナブルなセレクトのカテゴリーになります。マリオットグループ内のカテゴリーは2021年11月現在で5です(8段階で上から4番目)。

その名の通り、京都市内にあります。二条城から徒歩圏内です。最寄り駅はJR山陰本線・京都市営地下鉄東西線の二条駅です。

JR二条駅の西口に地下鉄の入り口があります。二条駅は乗換駅として乗降者数が多いです。

ホテルはJR二条駅の東口側になります。東口前にはロータリーがあり、タクシー乗り場もあります。セブンイレブンもありますね。ホテルの最寄コンビニになります。また、駅前にモスバーガーもあります。

駅から外を見た様子です。ロータリーの向こう側に左右に大きな道路があります。千本通りになります。この道を右折(南方向)します。

曲がるとすぐホテルが見えます。駅から徒歩3分程度です。

さてホテルにはいりました。

JR二条駅は、JR京都駅から山陰本線(嵯峨野線)で3駅で、7分程度で到着します。特急列車停車駅なので、全ての列車が停車します。嵯峨野線は複線なのですが、京都アーバンにも関わらず運行本数が少なめです。日中でも20分以上待ち時間が発生する時間帯もあります。京都駅での乗り換え時間が発生することもあるので気をつけましょう。

駐車場はありません。ホテル外に1日2,000円の駐車場があるそうです。

スポンサーリンク


フロントでチェックイン

入り口入ってすぐのフロアがフロント兼バースペースになっています。季節柄、ハロウィーンのデコレションがされています。バーは24時間営業です。1階のバースぺースは広く、多くの席が用意されています。

チェックイン時に、いろいろカードを渡されました。一つはルームキーですが、ほかに2枚渡されたクーポンがあります。私はプラチナ会員なので、会員特典が付いてきます。他のMoxy系ホテルと異なり、朝食券は付きません(写真の朝食券は、宿泊プランに付いていたものです)。

プラチナ会員特典
・レイトチェックアウト16時

・無料客室アップグレード
・20%レストラン割引
・ウェルカムギフト
  ドリンク&スナック 500ポイント 10ドル分バウチャーから選択
・ウェルカムドリンク(1階Lobby Barにて アルコールやテイクアウトも可)

なお、ゴールド会員以上でもポイントのウェルカムギフト(マリオットポイント250)がもらえるようです。

マリオット系ホテルでは、上級会員向けにラウンジ無料アクセスのサービスを提供しているホテルが多いですが、こちらのホテルではそもそもラウンジがありません。したがって、これらのクーポン券によるサービスを実施しているようです。

ホテルの雰囲気が若者向きですから、お客さんも全体的に若い方が多いです。ですが50代らしき方も見かけました。幅広い世代に利用されているようです。

スポンサーリンク


お部屋の様子(さくらプレミアム クイーンベッド)

エレベーターに乗ってお部屋に向かいます。エレベータはカードキーをかざさないと宿泊フロアに向かうことはできません。セキュリティはばっちりです。

エレベーターから降りると、オフィスビルの雰囲気ですね。

ホテルのお部屋は3グレード。うめ、もみじ、さくらです。うめは低層階(17㎡)、もみじは高層階(17㎡)、さくらはやや広いプレミアムルーム(19-24㎡)になります。それぞれのグレードに、クイーンベッドルームとツインルームの2種類が用意されています。

うめスタンダード・クイーンベッド(一番安いお部屋)で予約をしていました。うめスタンダード・クイーン→さくらプレミアム・クイーンにアップグレードしていただきました。宿泊した日だと、3,000円くらいお得でした。

一人で宿泊するには十分な広さです。

ベッドもクイーンサイズなので、1人で寝ると余裕があります。

枕元にはレトロ調の黒電話と、通常の電源に加えてUSBの電源があります。

テレビ脇の台に、ポットやコーヒー類、その下にセキュリティボックス、さらに下には冷蔵庫です。冷蔵庫内は何も入っていません。

リーズナブルな価格のビジネスホテルと比較すると、かなり開放感があります。コンパクトに使い勝手よく設定されています。ハンガーや靴ベラなど、いろいろなものが壁にぶら下がっています。スペースを広くするための工夫なのでしょう。

洗面スペースにはシャワーブース、トイレも併設されていました。洗面にはドライヤー、ハンドソープ、スリッパなどが備えられています。

洗面のアメニティです。歯ブラシやひげそりなど、必要最低限のものは用意してくれています。ブランド名などは記入されていません。

シャワー室内にはコンディショナー入りのシャンプーとボディーソープがボトルで用意されています。椅子もありますが、バスタブはありません。

モクシー系のホテルは、内装やアメニティが似ていますが、モクシー大阪本町やモクシー錦糸町と少し雰囲気が異なります。

窓の外は京都南西方向の景色が見えます。山陰本線の高架も眺められます。

夜景はこんな感じです。ホテルの南西方向にはほとんど歴史的建造物がないので、低層ビルの連なりを見ることになります(京都市内は条例で高層建造物が禁止されています)。

スポンサーリンク


朝食の様子

朝食会場は1階のLobby Barです。チェックインした場所ですね。朝食は1,500円でいただくことができます(会員割引も可能なようです)。

朝食営業時間 6:30~10:00

本来だとビュッフェ形式なのですが、2021年秋はコロナ禍の影響で、和粥食と洋食ワッフルのセットから選択です。

私はワッフルセットを選択。ワッフル、ウインナー、サラダ、フルーツ、スープのせっとです。

料理を注文すると、数分後にできあがるので、カウンターでピックアップして席まで持っていきます。飲み物はカウンター傍にジュースやお水などが置かれているので、セルフでいただきます。

ホットドリンクも用意されています。

さまざまな種類の席から好みの席を選んで朝食をいただきましょう。

朝食の時間帯の1階は静かでゆったりとした時間が流れています。のんびりとしたひとときを過ごすことができます。

スポンサーリンク


館内の施設

フィットネス

フィットネスジムは地下1階にあります。ルームキーをかざして入室できます。一通りの器具がそろっています。中にスタッフは常駐していません。更衣室はありません。

コロナ禍の影響で、利用は予約制になっているようです。ふらっと訪問したのですが、予約していないので諦めてUターンしました。残念です。

コインランドリー&自動販売機

コインランドリーは地下1階にあります。

もちろん有料です。乾燥まですることができます。

アイロンルーム

各フロアにアイロンルームがあります。ルームキーをかざすと入室できます。

スポンサーリンク


夕食をテイクアウトしてみました

夜遅くに到着したので、夕食をLobby Barでテイクアウトすることにしました。24時間営業ですが、テイクアウトは22時までのようです。

ポークのピザです。フルサイズの1,100円のものですが、ハーフサイズでの購入もできます。マリオット会員の割引も有効でした。

九条ネギのうどんです。850円です。ウェルカムドリンクの飲み物とともにテイクアウトしてお部屋でいただきました。

ちなみに、Lobby Barにはちょっとした売店があるのですが、飲み物、スナック、アイスクリームくらいしかありませんし、種類も少なめです。こちらでの飲み物はお値段が高めなので、自販機やコンビニを利用したほうがお得ですね。コロナ禍の影響でアルコール類は置いていませんでした。

スポンサーリンク


まとめ

今回は2021年秋に利用した、モクシー京都二条の様子をアップさせていただきました。ちょっとファンキーでおしゃれなホテルで、マリオット系ホテルの中ではビジネスホテル感覚で利用できます。

ビジネスホテルとして考えると、他のビジネスホテルチェーンよりどうしてもお値段が高くなります。

ポイントで宿泊する場合、カテゴリー5になるので、シェラトン都ホテル大阪やコートヤード新大阪/大阪本町と同じポイントが必要です。他のホテルを選んだ方がお得かもしれません。

このホテルの雰囲気が好きになれる方にはお勧めですが、マリオット系のシティホテルが好きな方には合わないかもしれませんね。マリオット系の中ではお安いので、プラチナチャレンジ(プラチナ会員を目指す修行)におすすめです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする