【空港ラウンジ体験記】羽田空港(東京国際空港)第2ターミナル Power Lounge Central

はじめに

世界一周旅行を終えて上級会員の資格を無事手に入れました。この資格でさまざまな空港ラウンジが体験できるようになります。空港ラウンジ体験記として、日本や世界のラウンジの様子をアップしていきたいと思います。

今回は羽田空港(東京国際空港)第2ターミナルにあるカードラウンジ「Power Lounge Central」を紹介させていただきます。羽田空港第2ターミナルは国内線用で、ANAがほぼ独占して使用しているターミナルです(一部ソラシドエアやエア・ドゥなども利用)。Power Lounge Centralはターミナルの出発ロビーの上、吹き抜けにある3階通路の北端に位置しています。なぜ北端なのに「Central」なのかは不明です(笑)。

私が訪問したのは2019年夏です。保安検査外にあります。出発ロビーのさらに上なので、到着時に利用するには移動が面倒です。出発前に利用するにも、北の端っこなので、北ピア利用なら利用しやすいですが、南ピアは利用なら遠くなります。保安検査内のPower Loungeも北の端になるので、第2ターミナルは圧倒的に北ピアが優遇されています。

これらのハードルがあるため、利用者可能な人は多くても、利用者が多いというわけではありません。席数が少ないわりに、席には余裕があります。

スポンサーリンク


入室基準

Power Lounge Central 運営時間 6:00~20:00(2019年情報)

Power Lounge Central俗にカードラウンジと呼ばれるカテゴリーに属します。ある種のクレジットカードを所持していれば利用可能です。概ね、ほとんどのゴールドカード以上が対象です。

・ダイナースクラブ JCB VJAグループ ティーエスキュービック アメリカン・エキスプレス DC ニコス MUFG ライフカード UC 楽天カード アプラス エポスカード エムアイカード ジャックス オリコ イオンカード OCS(公式HPより)(到着便も利用可能)

3歳以下は0名扱いになります(4~12歳は550円)。 カードが無くても有料で利用できます(1,100円です)。2019年10月に消費税上昇のため値上がりしました。カードラウンジ全般に言えますが、有償利用するぐらいなら喫茶店を利用するほうが経済的です。

スポンサーリンク


内部の様子とサービス

Power Lounge Centralは保安検査外にあります。利用可能な方は多いですが、飛行機にすぐに飛び乗れないので、ぎりぎりまで利用するのは難しいですね。


サービスは以下の通り。

席数 68席 喫煙ルームなし
・新聞・雑誌閲覧
・無線LAN
・ソフトドリンクコーナー
・ビール おつまみつき(有料)
・トイレ
・シャワー(有料:30分1,080円)
・多目的ルーム(1時間500円→2019年9月以降864円)

ラウンジ内にトイレがあるのは便利です。トイレがないと、受付に声をかけていったん出る必要がありますからね(小さなトイレなので、時には列ができます)。携帯電話での会話スペースもあります。

アルコールは有料です。おつまみ付きの瓶ビールを販売しています。コールドドリンクはサーバーあるいはボトルで提供されています。

こちらのラウンジでは、においの少ない食べ物は持ち込み可能です。弁当類を持ち込んで、食事をすることは可能です。

各シートには電源がついています。ラウンジは第1ターミナルよりは広く、出発ロビーを見下ろせる席もあります。駐機場は見えません。出発便などの電光掲示板があり便利です。

私が訪問した時は席に余裕がありましたが、人の出入りはひっきりなしでした。やはりビジネスユースが多いと思われます。

カードラウンジとしては平均的なサービス内容ですが、有料とはいえシャワーブースがあるのが特徴的です。カードラウンジでシャワーブースがあるラウンジは希少価値があります(第1ターミナルにはありません)。

保安検査場外で唯一のラウンジですが、保安検査場内にもカードラウンジがあるので、保安検査を先に済ませたほうが安心だと思います。

スポンサーリンク


まとめ

羽田空港はビジネス客が多いので、ラウンジ利用者は比較的多いです。ややせわしない印象を持つかもしれません。トイレがラウンジ内にあるのは好印象です。こちらのように、シャワーがあるラウンジは非常に珍しいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする